コンテンツへスキップ →

超クールなイマドキのダッシュボードのUIデザインまとめ

プログラマといえど、管理者が使うものといえど、美しい機能美でまとめられたダッシュボードをつくりたいものです。今回は、参考になりそうな美しいダッシュボードを集めてみました。

クールなダッシュボードデザイン集

このくらいシンプルなのが好みです。
Gear Admin UI v2

some_analyticsAnalytics系。数字の比較や計算が多いものに向いてそう。
Some Analytics

比較的オーソドックスに使えそう。最近、わりとこういうダッシュボードデザインが多いですね。
Dashboard Web App Product UI Design: Job Summary

グラフの見せ方が個性的。
To-Do Dashboard

サーバーのダッシュボード。
Server Dashboard

カラーを統一するのも綺麗にみえます。
Dashboard Overview Screen

トップメニューにすることで、画面を広く使ってます。レスポンシブ化もしやすそう。
Dashboard Usage Stats v3

これも青が綺麗。好みです。
VirtualHealth

ダッシュボードでは、利用するユーザーが一目でから必要な情報を掴み取れる集約性が求められます。デザインのトレンドとしてシンプル化の方向に向かっていますね。

ダッシュボードに関する記事のまとめ

ユーザーがダッシュボードを見る本当の目的は「データを得ること」ではなく、データを使って「判断を下すこと」です。
なので、ダッシュボードのデザインを考える時に最初に気にするべきなのは「どのデータを見せるか」ではなく「ユーザーがどんな質問を投げかけているのか」ということです。
それを元にUXをデザインしていくことになります。

本当コレがあってのデザインですよね。ダッシュボードを開いた時に、どんな情報がほしいのか。そして、その情報をもとにユーザーがどんなアクションを起こすのか、そこまで考えた設計があってのデザインです。
ダッシュボードのUI/UXを考える際に重要な3つの視点

あなたが作ったダッシュボードをユーザが使う理由は何ですか(数値を確認できるから、というのはナシです)? それが思いつかないようなら、そんなひどいダッシュボードは要らないでしょう。

ひどいダッシュボードの法則

こちらも基本的には同じことをいってます。ユーザーが利用する本質を考えよう、ということ。プログラムは技術だけでなく、ユーザーが何をしたいのか理解する「理解力」がもっとも大事だと思います。理解した上で、一番シンプルに解決する手段を提案するのが、できるプログラマなのではないでしょうか。

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: デザイン 開発奮闘記