ブログ過去記事をリライトするコツと具体的な手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のブログカード導入で燃え上がって、ひたすら過去記事の見直しを行ってるところです。

BLOG


本業はプログラマーですが、ブログは運営するのが楽しい。できることなら、これずっとやっていたいくらいです。

イリテクのブログは現時点で546件もあります。さすがに一気にできないので、アクセスが多いページからリライト(過去記事の見直し・追記)をやっていってます。今回はこのリライトの仕方についてまとめてみました。

SPONSOR

リライトの目的

過去記事を見なおしておかしい文章を修正したり、リンク切れのチェック、新しい情報を調べて追加したりしています。そして、イリテクブログで同じような内容の記事で、紹介できるものはリンクをはる。こうすることで、記事のクオリティを高めます。まぁ、結果的に検索エンジンからの集客数を増やそうということです。

リライトの手順とコツみたいなもの

1.GoogleAnalyticsで検索トラフィックのみに絞る

過去記事は検索経由がほとんどです。ですので、余計な情報が入らないように検索トラフィック(検索エンジン経由できたユーザー)のみのログを表示します。

GoogleAnalyticsにログインして、すべてのユーザーをクリック。
analyticsですべてのユーザーをクリック

検索トラフィックだけにチェックを入れてください。これで、検索エンジン経由のユーザーだけの情報になりました。
検索トラフィックにチェック

2.検索経由でアクセスの多いページを知る

左メニューから「行動」→「すべてのページを開く」をクリックしてください。
行動のすべてのページを開くそうすると、アクセス順にページが並びます。

ページアドレス横のアイコンを押すと、別ウィンドウで該当ページが開くので何のページかわかります。
このページを別窓で表示

ちなみにイリテクブログはここ最近ではTestflightの記事が多かったようです。

TestFlightの使い方!iOSアプリをテスト配信、導入方法まで!

ここで、URLをクリックしてください。
URLをクリック

ページの平均滞在時間が短いようなら、ユーザーが意図したページと内容がマッチしていないという可能性が高いです。直帰率や離脱率が高いようだと、このページだけしかみてもらえていないということ。記事内に類似記事でおすすめできる記事があればリンクを入れてみます。
ページの情報

3.流入キーワードを知る

ここからが面白いところ。「その他」から集客の中のキーワードを選択。
その他からキーワードがみれる

なんと、このページに入ってきたユーザーがどんなキーワードで流入してきたのかがわかります。これは参考になります。キーワードから検索ユーザーの意図を読み取って、こんな情報も知りたいだろうなぁ…という情報を追加します。こうやって、コンテンツに厚みを持たせていきましょう。
流入キーワードがわかる

リライトは地味に大変ですが、過去記事をみなおしてクオリティをあげていくことは、ブログ全体の価値を高めることにほかなりません。まだまだたくさん残ってますが、頑張ってリライトをやっていきます。

ブログのアクセスアップにはこちらの記事もおすすめ。

BLOG

ライティングを助けるために生まれた校閲・推敲支援ツール「文賢」もオススメ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす