Skip to content →

safariの開発ツールでレスポンシブデザインを確認できる!スマホ/タブレット確認の手間を軽減!

レスポンシブデザインが当たり前になってきている。業種によっては、いまやスマホの閲覧率の方がPCより高いから必然ともいえる。レスポンシブなら、ソースは一つなので管理もしやすい。

スマホ・タブレットでの実機確認

制作する際には、当たり前だがPCだけでなくスマホでの確認も必須だ。だが、都度スマホで確認するのは面倒なもの。PCだと、コードを書きながら、そのままブラウザでチェックできたが、スマホだと実機をもちだしてURLを入れて確認しないといけない。ローカルサーバーを作っていない場合、Webにアップして確認するとなるとまた面倒だ。

で、safariの開発ツール。以前はこの機能はなかったと思うが、いつの間にか「レスポンシブ・デザイン・モード」が追加されていた。これが便利過ぎる。
レスポンシブデザインモードの切替safariの「開発」の中に「レスポンシブ・デザイン・モードにする」という機能がある。

pc上が通常PCでみた画面。「レスポンシブ・デザイン・モードにする」を押すと、下のように各デバイスで切り替えて表示を確認できる。

iPhone

ブラウザも豊富なんとmacなのにIEでの表示確認もできる。

解像度解像度も選択可能。

インスペクタもちろんsafari開発ツールの「Webインスペクタ」も同時に利用できる。これでコードを書くのが捗る。便利なのでぜひ一度使ってみてもらいたい機能だ。

参考)ブラウザ上でCSSの変更が試せる!Safariの開発ツールはコーディングに手放せない

[sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

Published in HACK 開発奮闘記