JavaScriptやCSSを圧縮・展開してくれるサービスあれこれ

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , , , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JavaScriptやCSSは圧縮するとコード量が減り、読み込みが早くなりますので、サイトの高速化につながります。またScriptの難読化にもなります。

ただし、圧縮されたコードは人間が触りづらいものとなるため、修正時には逆に展開して再び見やすいコードに変換しないと面倒です。今日はそのための役に立つサービスをご紹介。いわゆるMinifyツールです。

SPONSOR

JavaScriptを圧縮する

JSCompress

JavaScriptのコードを圧縮してくれるサービス。
js_compressこんな感じのコードが、ギュッと圧縮される。
js_compress2今回の場合、64%圧縮されました。

CSSを圧縮する

CSS Minifier

Minify your CSS
こちらもコードを貼り付けてボタンを押すだけで、圧縮してくれます。

SPONSOR

JavaScript/CSSを展開する

Pretty Diff

こちらは、JavaScriptでもCSSでもOK。圧縮されたコードを貼り付けると元のコードに戻してくれます。
コードを元に戻す

その他のサイト高速化については以下の記事もご参考にどうぞ。
参考)[保存版] PageSpeed InsightsでWebサイトを高速化するまでのすべて。0点→90点へ改善!

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす