Skip to content →

JavaScriptやCSSを圧縮・展開してくれるサービスあれこれ

JavaScriptやCSSは圧縮するとコード量が減り、読み込みが早くなりますので、サイトの高速化につながります。またScriptの難読化にもなります。

ただし、圧縮されたコードは人間が触りづらいものとなるため、修正時には逆に展開して再び見やすいコードに変換しないと面倒です。今日はそのための役に立つサービスをご紹介。いわゆるMinifyツールです。

JavaScriptを圧縮する

JSCompress

JavaScriptのコードを圧縮してくれるサービス。
js_compressこんな感じのコードが、ギュッと圧縮される。
js_compress2今回の場合、64%圧縮されました。

CSSを圧縮する

CSS Minifier

Minify your CSS
こちらもコードを貼り付けてボタンを押すだけで、圧縮してくれます。

JavaScript/CSSを展開する

Pretty Diff

こちらは、JavaScriptでもCSSでもOK。圧縮されたコードを貼り付けると元のコードに戻してくれます。
コードを元に戻す

その他のサイト高速化については以下の記事もご参考にどうぞ。
参考)[保存版] PageSpeed InsightsでWebサイトを高速化するまでのすべて。0点→90点へ改善!

[sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
教える、学べるオンラインメンターサービスMENTAの代表 / 2-30個のサービスをつくり、M&Aで億単位の売却 / 受託開発20年→受託をやめサービス開発に専念→個人開発でつくったMENTAがヒット→ランサーズグループにジョイン / YouTubeで「サービスづくりで生きていく」配信中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SUBSCRIBE

メールマガジンに登録いただけると、ブログの新着記事をお知らせいたします。(励みにもなります!)また、YouTubeチャンネルでも個人開発・サービスについての情報を発信中です。

SPONSOR

Published in 開発奮闘記