SendGridではメールがいつ開封されたかまで分析できる![ PHPでの使い方編 ]

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回紹介したクラウドメール配信サービスのSendGridを使って実際にメールを送信する方法をご紹介します。

SPONSOR

メール運用のストレスから開放

SendGridにすれば、メール運用のストレスから開放されるだけでなく、メール到達率も上がり、開封数や届かなかった数まで統計がとれて分析もできます。

activitySendGridのコンパネです。Webサービスからメールを送信して、自動でメールが配送された日時だけでなく、開封された時間までわかります。すごい。

sendgrid
全体としての配信・開封・未到達の数もとれます。

数百件のメール送信送ってみたら、SendGridに変えたら1秒で配信された!一瞬すぎて、え?送れてない?と思うほどのスピード。すごすぎ。

それでは、PHPでの使い方をご紹介。

SendGrid公式ライブラリを読み込む

SendGrid公式ライブラリはこちら。composerを使って、SendGridのバージョン4を指定。最新は数日前にバージョン5になりましたが、こちらを使うとエラーがでたため、4にしています。

composerのインストール等についてはこちらをどうぞ。
参考)composerを使ってPHPのライブラリをもっとかんたんに管理する

SPONSOR

メールを送信する

//composerライブラリの読み込み
//パスは環境によって適宜変更してください
require_once("vendor/autoload.php");

//SendGrid API
//SendGridコンパネよりAPI Keyを発行できます
$sendgrid = new SendGrid("XXXXXXXXX");
$email    = new SendGrid\Email();

//複数の宛先に一気に送信可能 最大10,000アドレスまでいけちゃいます
$tos = array('aaaaa@aaaa.jp','bbbbb@bbbb.jp');

$email->setSmtpapiTos($tos) //複数の宛先に送る場合はこちら
      // ->addTo("aaaaa@aaaa.jp") //単一の宛先はこちらだけを指定
      ->setFrom("noreply@aaaa.net")
      ->setSubject("「%fullname%」さん こんにちわ")
      ->addSubstitution("%fullname%", array("田中", "佐藤"))
      ->setText('Hello World!')
      ->addAttachment('./img/aaa.png', 'aaa.png') //添付ファイル 最初が添付ファイルパス 2つ目はメールで表示するファイル名
      ->setHtml("<b>HTML</b>メールもかんたん"); //HTMLメール

$sendgrid->send($email);

これだけ。かんたんですね。これからのWebサービスにSendGridがセットでおすすめ。

SendGrid

WEBサービスのつくりかた

webサービスを開発する手順【約10個のWEBサービスをつくってきた経験から語る】

WEBサービス開発を発注するなら、少しはプログラミングを勉強しておくといいですよ

WEBサービスに向いているサーバーの選び方【初期段階ではレンタルサーバーで十分】

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は約1ヶ月で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす