コンテンツへスキップ →

swiftでエラーをスマートに通知できるthrow処理を使う

いまさらですが、アプリ開発、原点に立ち戻って基礎から学習し直しているところです。お恥ずかしいですが、基本的なことでも知らなかったことがあったりします。ここは、きっちり基礎固めして、開発の効率を上げていきたいです。

エラーを通知するthrow処理

なんらかの処理の途中でエラーが発生した際にエラーを通知する仕組みがswiftには用意されています。
throw
この図では、エラー発生時の処理を関数Aに記述しており、関数Cのthrow処理は関数Aに通知されます。このような仕組みもつくることが可能です。

実際にthrow処理を行う例です。

//エラータイプの宣言
enum MyError:ErrorType {
    case InvalidValue
}

//数が0より小さかったらthrowでエラーを通知する
//関数にthrowsをつける
func kansu(num:Int) throws -> Int {
    if num < 0 {
        throw MyError.InvalidValue
    }
    return num
}

//tryをつけて関数を呼びだします
do {
    try kansu(-1)
    print("正常")
    
} catch MyError.InvalidValue {
    print("エラー")
}

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: 開発奮闘記