swiftでエラーをスマートに通知できるthrow処理を使う

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまさらですが、アプリ開発、原点に立ち戻って基礎から学習し直しているところです。お恥ずかしいですが、基本的なことでも知らなかったことがあったりします。ここは、きっちり基礎固めして、開発の効率を上げていきたいです。

SPONSOR

エラーを通知するthrow処理

なんらかの処理の途中でエラーが発生した際にエラーを通知する仕組みがswiftには用意されています。
throw
この図では、エラー発生時の処理を関数Aに記述しており、関数Cのthrow処理は関数Aに通知されます。このような仕組みもつくることが可能です。

実際にthrow処理を行う例です。

//エラータイプの宣言
enum MyError:ErrorType {
    case InvalidValue
}

//数が0より小さかったらthrowでエラーを通知する
//関数にthrowsをつける
func kansu(num:Int) throws -> Int {
    if num < 0 {
        throw MyError.InvalidValue
    }
    return num
}

//tryをつけて関数を呼びだします
do {
    try kansu(-1)
    print("正常")
    
} catch MyError.InvalidValue {
    print("エラー")
}

iPhoneアプリ開発のTips一覧はこちら

効率のいいiOSプログラミング習得法

独学でプログラミングをはじめてもう16年。
なかなか勉強が進まない人のために記事を書きました。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす