Skip to content →

TestFlightの使い方!iOSアプリをテスト配信、導入方法まで!

iOSアプリ開発では実機でテスト確認してもらいながら開発を進めますが、遠隔地にいるテストユーザーにチェックしてもらうには、それなりに手間がかかるものでした。しかし、TestFlightを使うとこれらが簡単にできるようになります。今回は、そんなTestFlightを使うまでの流れをご紹介します。

テストユーザーを登録

iTunesConnectにログインして、メニューの「Users and Roles」に入ってユーザーを追加しておきます。ここでいうユーザーとはテストしてくれるユーザーのことです。
users
ユーザーを追加すると、そのユーザー宛に承認メールが届きますので、クリックで承認してもらいます。
testuser

iTunesConnectでアプリを登録

次に、iTunesConnectで新しくアプリを登録しておきます。ここは、とりあえず仮ということで、適当に入れておいて構わないと思います。後で変更するということで。
4-NewApp_2x

アプリをアップロード

Xcodeを使って、AppStoreにアップするのと同じ手順でアプリデータをアップロードします。

テスト配信

いよいよテスト配信です。iTunesConnectでアプリを選択して、Activityタブを開きます。そして、テストしたいビルドバージョンを選択。
8B-ActivityTab

中に入ると、TestInformation等の設定タブがでてきますので、修正した内容などを書いておきます。Test infomationタブのApp Descriptionに変更内容を記述。この内容は、テストユーザー側のTestFlightアプリ内に表示されます。(あとで後述しますが、テストユーザー側はアプリインストールのためにTestFlightアプリを別途インストールしておいてもらう必要があります)
8C-WhatToTest_2x

そして、再びアプリ詳細にもどって、「testFlight」タブを開きます。
8D1-InternalTesterPane
ここで、Select Version to Testをおすとテストしたいバージョンを選べます。ちなみに、アプリをアップロードしてからここに反映されるまで30分くらいかかります。結構時間がかかります。

下の「Internal Testers」にはテストしてもらいたいユーザーを追加します。先ほどの「Users and Roles」で追加したユーザーがでてきます。
8D1-InviteInternalTester

ようやく準備が整いました。あとは右上の「Start Testing」を押します。押すと、テストユーザーにメールが送られますが、そのメールを開くとコードが書かれているページを確認できます。このコードは次の実機側で使うものです。
testflightちなみに、テスト2回目以降もメールが送られますが、アプリを新しく更新しているのでTestFlightアプリを開いてアップデートしてね、という内容が飛ぶだけです。

実機側の設定

テストする側の実機にてAppStoreより「TestFlight」アプリをインストールしておきます。そして、先ほどメールで送られてきたコードを入れるとアップロードされたテストアプリを動かすことが出来ます。
test
最初の設定だけ少し面倒ではありますが、TestFlightめっちゃ便利。テスト配信が楽になります。効率化できるとこは、どんどん効率化して開発の時間をつくりましょう。

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SPONSER

Published in HACK 開発奮闘記