アプリ内から標準メールを起動する

2011/08/27 (2016/09/14更新) タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリ内から標準メールを起動するTipsです。

SPONSOR

まずは、MesseageUI.frameworkを追加します。

そして、使いたい画面のヘッダファイルで読み込み設定。

#import <MessageUI/MessageUI.h>
#import <MessageUI/MFMailComposeViewController.h>

※<>は半角です。
そして、カテゴリでMFMailComposeViewControllerDelegateを指定。

//メール送信
-(void)mailsousin{

    MFMailComposeViewController *picker = [[MFMailComposeViewController alloc] init];
    picker.mailComposeDelegate = self;

    //メールタイトル設定
    [picker setSubject:@"メールタイトルを入れます"];

    //To,Cc,Bccを設定
    NSArray *toRecipients = [NSArray arrayWithObject:@"first@example.com"];
    NSArray *ccRecipients = [NSArray arrayWithObjects:@"second@example.com", @"third@example.com", nil];
    NSArray *bccRecipients = [NSArray arrayWithObject:@"fourth@example.com"];
    [picker setToRecipients:toRecipients];
    [picker setCcRecipients:ccRecipients];
    [picker setBccRecipients:bccRecipients];

    // 添付ファイルをつけたい場合(画像の場合)
    NSData *data  = [[[NSData alloc] initWithData:UIImagePNGRepresentation(uiimageを入れる)] autorelease];
    [picker addAttachmentData:data mimeType:@"image/jpg" fileName:@"image"];

    [self presentModalViewController:picker animated:YES];
    [picker release];
}

あとは、メールを送りたいタイミングでmailsousinを呼び出せば、メール送信画面が立ち上がります。

詳しくは、Appleの公式サンプルが役に立ちます。

MailComposer


この記事もおすすめ
記事を書いている中の人
入江慎吾
WEBサービスやアプリのデザイン・開発をやっているクリエイターです。クラウド見積請求:CLOUD PAPER、リモートワーク求人:Rework、買い物メモアプリ:Rememo。情熱のこもったプロダクトをどんどんつくりたいです。(もっと詳しいプロフィール
この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メールマガジンで新着記事をフォロー

 

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクで開発したプロダクト
SPONSOR
こちらの記事もおすすめです