クライアントとのやりとりをメールと電話からチャットワークに変えてスッキリ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアントとの連絡手段は電話とメールも主流ですが、イリテクでは最初の窓口以外は基本的にチャットワークを使っています。もちろん相手が了承してくれたらですが…。

SPONSOR

メールは相手の時間を拘束しないこと、電話は返答がダイレクトにあるため意思疎通が早いという長所があります。では、チャットワークを使うメリットはどこにあるのでしょうか。

1.チャットでやりとり

チャットワークという名前のとおり「チャット」で会話ができます。チャットと行っても既読マークがついたりしないし、掲示板に近い。なので、すぐに返事をしないといけないとか考えなくていいのがいいところ。

これは使ってみると、従来のチャットとはイメージが違うと感じられるかもしれません。例えそこにオンラインで人がつながっていなくても、メールのように用件を書いておけばいいわけです。チャットワークに書き込みがあると一定期間みていない場合メールで通知が送られます。iPhoneアプリもあります。なので僕の場合はApple Watchで通知が届くようにしています。

そしてチャットでも1対1だけでなく複数人でやりとりができます。メールで何度もやりとりしていると履歴を追いにくいけど、チャットワークでは上にスクロールするだけで履歴をさかのぼれるのでわかりやすい。

また、自由にチャットグループを作ることができるのも便利なところ。例えばデザインチームだけでグループを作ったり、アイディアができた時に書き込むためだけのグループを作ったりと、運用にあわせてカスタマイズできます。

2.ファイルの添付

チャットワーク内で画像やエクセルなど、ファイルを共有可能。データのやりともかんたんになりますね。以前もらったファイルをメールでさがさなくてもよくなります。

3.タスク

会話で出てきたタスクをそのままチャットワーク内でタスク設定。期限をつけるのも自由。

4.音声通話・ビデオ通話でミーティング

チャットワーク内でSkypeのように音声通話できたり、ビデオ通話も可能。文字だけでは伝わりにくいことなどあれば、みんなでミーティングを開いてもいいですね。

今はほぼ全てのクライアントにチャットワークを使ってもらっていますが、制作業界以外ではあまり知られていないのか、使ってもらうとすこぶる評判がいい。一度便利なものを使うと戻れなくなります。無料で使えますので、一度も使ったことがない方はぜひ。

チャットワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
15年続けた受託開発をやめ、自分が作ったサービスだけで生きていくことを決意。同じゴールを目指す仲間が集まる入江開発室を運営 / 師弟関係がつくれるサービス「MENTA」をつくりました。
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす