Skip to content →

タグ: Xcode

TestFlightの使い方!iOSアプリをテスト配信、導入方法まで!

iOSアプリ開発では実機でテスト確認してもらいながら開発を進めますが、遠隔地にいるテストユーザーにチェックしてもらうには、それなりに手間がかかるものでした。しかし、TestFlightを使うとこれらが簡単にできるようになります。今回は、そんなTestFlightを使うまでの流れをご紹介します。

Xcodeのコードカラーリングを変更して、見やすく、使いやすくしよう!

Xcodeでなにげなく環境設定をみていたら、コードカラーのパターンがあらかじめ用意されているのを今日知りました。気分によって変えたり、目が疲れやすい人は背景を黒にしたり、フォントを変えてみたり、いろいろと工夫できそうです。

iPhoneアプリのAd Hoc配信方法まとめ完全版 [Xcode4対応]

Ad Hoc配信はアプリを作った後に、テストで複数のiPhoneアプリで実機確認を行う時に便利な配信方法です。また、AppStoreに公開するのではなく社内だけで使いたい時にも使える方法です。毎回忘れて調べているので忘備録として残しておきたいと思います。

iOS5より古いバージョンのプロジェクトファイルをARCに対応させる

iOS5からARC(Auto Reference Counting)という便利な機能が追加されました。これまでせかせかと書いていたretainやreleaseを記述しなくても、自動的にXcode側で管理してくれるというものです。しかし、そのままではiOS5以前に作ったファイルはARCが使えません。そこで、今回はiOS5以前のファイルでもARCを使えるようにする方法の紹介です。