Skip to content →

タグ: SEO

770記事書いてわかったブログSEOの本質!検索意図がわからなければ集客できる記事は書けない!

ブログやWEBサイトに記事(コンテンツ)をどんどん追加しているのに「なかなかアクセスが増えない」。そんな悩みはないでしょうか?

当ブログを書いている私もまさにそんな悩みを持っております。

このブログは今日の時点で770件の記事がありますが、1日のユーザーアクセス数は1,400人程度で打ち止めの状況が続いています。「こりゃいかん」と、あらためてSEOに関する本を読み漁ることに。

読んでいくうちにわかったことは「検索している人が求めている答え(情報)をだしていない」ということでした。人に求められない自己満足の記事は、SNSで一定の人が読んでくれても長く集客できる記事にはなりえないということです。

たとえGoogleから消し去られる日がきたとしても…

ここ数日、GoogleAnalyticsの調子が悪く、リアルタイムアクセス解析が見れない状態が続いて不安になった。最初は「Googleからスパム扱いされて、アクセスが減ったのか!?」とも思ったけど、そんなことはなく、普通に頻繁におこるバグのようでした。

結局、いらぬ心配で数日でもとに戻って事なきを得たのだが、Googleに支配されているなーと思う出来事だった。だって、ほとんどのアクセスはGoogleから来ているんだから、そこを塞がれるとブログも読まれないことになる。誰にも読まれないブログを書くことに意味は見いだせない。

自社ホームページのアクセスを増やすにはどうしたらいい?

ホームページを作った後に、もっとアクセスを増やしたい、問い合わせを増やしたい、そう考えるなら、ブログがおすすめです。しかし、ブログをはじめるだけでは意味がありません。「ブログは書いてるけど反響がない」方もたくさんいます。では、どんなブログが効果的なんでしょう。