Skip to content →

タグ: PHP

MySQL内に保存された画像を、実ファイルに変換するスクリプト

実は僕が10年前くらいに作ったWebシステムのいくつかは、データベースにBLOB形式でバイナリファイルを格納していました。データベース内に直接画像を保存することで、検索と連動して処理しやすいようにしたつもりでした。

しかし、実際に運用がはじまるとそんなことはありませんでした。むしろ、データが増えてくるほどに危険性が増してきます。データベースのバックアップデータも肥大化し、SQLでバックアップをとっても、ファイルが数GBともなると、直接ファイルを開いて確認することはできませんし、復元する時にとんでもない労力が発生する可能性があります。

ということから、これまでデータベースに保存していた画像を取り出して、通常の画像ファイルに変更して保存しなおすスクリプトを作りました。それぞれの環境によって適宜変更が必要かと思いますし、流用の際は自己責任でお願いします。

PHPで呼び出した文字列内の特殊文字で、JavaScriptエラーが出る場合の対処法

例えばPHPにてデータベースに入っている文字列を呼び出して、その文字列をJavaScriptで使おうとした際に、「’」シングルクォーテーションや「”」ダブルクオーテーションなどが入っていると、上手く動作しないことがあります。

MAMPでインポート時に「MySQL server has gone away」が出る場合の対処方法

例えばWebサーバーで運用しているデータベースのバックアップデータを、ローカル環境に反映させたい場合、phpMyAdminのインポート機能を使うと便利です。私の場合、MAMPで構築していますが、MAMPはMacにPHP/MySQLをかんたんにインストールして環境を構築できるので重宝しています。

しかし、いざインポートをしようとしたら、「MySQL server has gone away」というエラーが。タイムアウトでも出ますが、今回はインポートしようとしているクエリの数が多すぎたのが原因のようです。

PHPMyAdminよりも便利なSequel Proの使い方!MacでMySQLの管理が出来る!

みなさんはデータベースの管理・運用はどのようにしていますか?私はWebシステムを作るとき、PHP+MySQLの組み合わせで作っていて、DBの管理にはPHPMyAdminを使っていました。

システムを作るとき、データベースにデータがちゃんと入っているか調べたり、不要なデータを消したり、新しくテーブルを作ったりするとき、コマンドでもできますが、見辛くてしょうがありません。

ということで、GUIベースのソフトがほしくなりますよね。それで、MySQLの管理はこれまでブラウザでデータベースの管理が出来るPHPMyAdminを使ってきました。しかし、最近になってMacアプリで、もっと使いやすいソフトを知ったのです。

PHPMailerの使い方!かんたんにPHPで添付ファイル付きのメールを送る!

PHPでメールを送信する場合は、mb_send_mailやmail関数を使いますが、添付ファイルをつけて送るには、メールヘッダを自前でガシガシ書いてやらなければならず、ちょっと面倒です。そこでそういった手間を省いてくれる「PHPMailer」というライブラリを見つけて使ってみたら、すごい簡単で嬉しかったのでご紹介です。

Macにローカル開発環境(PHP/MySQL)をかんたんに準備してくれるMAMP

PHPを使ったWebアプリはサーバーにアップしなければ、動作を確認することができません。とはいっても、いきなりWebサーバーにアップしながら動作確認を行っていくと、都度ファイルをアップロードする必要があり、効率が悪いです。この手間を省くには、自分のPC内にサーバー環境を作り、ローカルで確認できるようにする必要があります。なんだか面倒そう…そう思いました?実はMAMPというソフトを使えば、驚くほど簡単に環境を構築できます。

[php]会員制サイトで特定のディレクトリ内をアクセス制限する

特定のフォルダに入っているファイルを直接アクセスで開けないようにしておきたい。かつ、特定のユーザーしかアクセス出来ないようにしたい。

こんなものを作ろうと考えた時、ディレクトリ制限といえば、あのダイアログが出てくる、ベーシック認証が思い浮かびます。しかし、既に会員システムを構築している場合、php側での認証とベーシック認証の両方を組み込むと、2重にパスワード入力する必要が出て、使う側は面倒です。