Skip to content →

タグ: evernote

kindle×evernoteで知恵のデータベースをつくろう!

この記事ではkindleのハイライトをevernoteに集約し、検索できるデータベースをつくる方法をご紹介します。

kindleのハイライト(蛍光ペンで線をひくようにメモを残せる機能)は、「メモとハイライト」ページから本別に見ることができますが、過去にハイライトした文章を検索できずデータベースとしては不十分です。
左上の検索からは本のタイトルしか検索できません。できたとしても、わざわざこのページを開くことが面倒です。

このハイライトをevernoteに保存できれば、後からキーワード検索ができるので便利ですよね。

タスク管理はevernoteのノート1枚で十分です!

アナログノートはやめてevernote1本の僕ですが、最近はタスク管理はノート1枚になりました。

ノートブックを使うと、evernoteが劇的に変わった!

アナログなノートを一切やめて、Evernoteにすべてをまとめる気持ちよさ


クライアントごとのストックするような情報はノートブックを作って、ひたすらそこに書き込んでいます。しかし、クライアントが増えるとスケジュールを俯瞰的に全体としてチェックするのが面倒なことが欠点でした。それぞれのクライアントのノートを見回さないといけないのです。

大量のノートから探しだすevernoteの整理テクニック

手帳に憧れて毎年手帳を買います。それで、毎日書こうと思ってチャレンジするんだけど続きません。手帳に憧れながら、いつも使いこなせず、結局evernoteに戻ってきます。いや、evernoteで全然困っていないけど、ツールとして質感として手帳はいいなぁと思うんですよね。