Skip to content →

タグ: Android

AndroidシミュレータはGenymotion一択!MacでもOK!ブラウザの表示確認に!

Androidには数多くのバージョン、端末がありますが、たまにクライアントより「Xperiaで見え方がおかしい」など、機種指定で挙動がおかしいといった報告があります。そうすると、手元に実機をもっていないと、再現することができず、解決までに時間がかかってしまいます

一つの画像からiOS、Androidアプリアイコンを書き出せる「IconKit」が超絶便利!

インストールされるデバイスの種類が増えたことで、デベロッパーはたくさんのアイコンをつくる工程が増えました。アイコンを実機に入れてみては、チェックし、変更したりしていると、差し替えるだけでも大変な作業です。そんな時に役立つのが「IconKit」です。

リアルタイムにPCとスマホのクロスブラウザチェックができるEdge Inspect

レスポンシブデザインが主流となってきている今では、制作しながらパソコンの画面でチェックして、スマホでチェックして、微調整して…というようにかかる工数も増えてきました。

そんな中、Adobeが出しているEdge Inspectというソフトを知ったのですが、これを使うとパソコンでサイトを開くだけで、連動してスマホでも同じサイトを開いて、見た目の確認をすることができます。

Unityで作ったAndroidアプリをGoogle Playに公開する手順

仕事の合間をぬって作り続けていた、はじめての3Dゲームがようやく形になり、オープンすることができました。

正直、ゲームよりもその他の広告や、アップまでのもろもろ細かい調整の方が大変でした。Unityがこのあたりもサポートして日本語マニュアルも充実していけば嬉しいなと思います。

今回は、初のAndroidアプリをGoogle Playに公開するまでの手順をまとめてみました。

Unityを学んでiOS/Androidアプリの3Dゲームを作る!

Unityは一言でいうとゲームエンジンです。通常、Xcodeだけでゲームを作ろうとすると、コードで実装していくことになりますが、これはとんでもなく時間がかかりますし、難易度も高いです。まだまだ私には無理。

そこでUnityの登場ですが、Unityを使えば画面上に3Dオブジェクトを配置したり、動きをつけたりといったことを視覚的に確認しながら、ゲームを開発していくことができます。一度体験すると驚くほどの感動でした。

はじめてのAndroidアプリ開発!開発環境を構築する手順まとめ!

iOSアプリ開発のほかに、Androidもやってないの?と聞かれることも多くなり、僕自身も前々から興味は持っていたので、とにかくなにか作ってみよう!と…思い切ってAndroidが入っている端末を購入しました。ということで、MacbookAirにAndroid開発環境を作りましたので、流れを残しておきたいと思います。