Skip to content →

タグ: 読書

積ん読にならないための平行読み「読書力 鍛え方の流儀」

購入した本を1冊最後まで読みきる「完了読み」が読書を苦しめる時があります。こうなってしまうと、積ん読になったり、読み切らないことへの罪悪感が生まれることも。

こんな時、並行読みをしてみてはどうでしょうか?

オプトホールディングCEOの鉢嶺さんが書いた「読書力 鍛え方の流儀」に平行読みの話があります。

どんなに多忙でも、経営者や役員が欠かさず本を読むわけがこの本で明かされる!あるべき姿を定め、実践に落とし込み、アレンジを加え改善する!PDCA読書で成果を確実に上げる。
Amazon内容紹介より

「アウトプット速読法」読書でしっかり知識をとりいれるための2つのポイント

あなたは何のために本を読みますか?
ぼくはビジネス書をよく読みますが、成長したい!という目的で読んでいます。いまより、明日は少しでも前進したい。

本を読むこと自体、すばらしい週間だと思います。しかし、本をたくさん読むだけでは成長にはつながりません。本を読んで、少しでも実行して試すという行動がともなって、はじめて成長につながるものです。

そこで、今回は本を読むだけで終わりたくない、成長につなげたい、という人のための「アウトプット速読術」という本をご紹介します。

「読書するまとまった時間が持てない」「速読は試したけどうまくいかない」。そんな悩みを解消するのがこの「アウトプット速読法」です。 本書では、速読の心構えと5つのステップからなるアウトプット速読法の具体的なやり方を、わかりやすいイラストとともに解説。アウトプットを前提にすることで内容がインプットされるこの速読法をマスターすれば、人生が変わります!
Amazon内容紹介より

夢をかなえる読書術、本を読んで自分を成長させるために!

本はなんのためにあるのでしょうか。勉強するため、新しいことを知るため、楽しむため…人それぞれです。

ぼくはどうかと考えると、学びのために本を読んでいます。本からなにかしらを学び、日々の自分をブラッシュアップしていきたいと。

今回は「伊藤塾」という、司法試験や公務員試験などの国家試験を目指す人向けの受験指導校を主催している伊藤真さんの本を紹介します。夢をかなえるために本をどう使うかについてかかれている良本です。