Skip to content →

タグ: 共感

売りたいモノを宣伝するんじゃなく、裏側のストーリーを語るほうが拡散される【実例アリ】

「これ作ったんで使ってみてください!」

というよりも…

「ようやく完成しました!この製品をつくるために、1年かけて試行錯誤して苦労の連続でした。一時はあきらめかけましたが…」

というように、ストーリーがある方が拡散されやすいということに気づきました。

実例をひとつ。イリテクで開発しているFamilymemoという買い物メモ共有アプリがあります。

最初に完成時に投稿したツイートがこちらです。

アクティビティを見ると
重要なリンクのクリック数は24でした。

つぎにこちらのツイートをご覧ください。

アクティビティを見ると
クリック数は147でした。

約6倍も違います

それにしても拡散していただいたみなさん、優しいです。
このようなことを狙ってやったわけではないですが、大きなヒントになりました。