部下があいさつしなかった時に、どう注意するか。

2018/03/23更新 カテゴリー:ビジネスハック タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレジデントにのっていた「部下の叱り方」についての記事がとても参考になったのでご紹介。

SPONSOR

事実、影響、感情、尊重という4段階で話す

例えば、「毎朝、挨拶をする」という目標を掲げたとします。翌朝、無言で出社してきた部下に対し、どう対応するでしょうか?「なんであいさつをしないんだ!」「いつも同じことを言わせるな!」と感情的になってしまわないでしょうか。

これには、論理的に事実、影響、感情、尊重という4段階で話すと上手く伝わるそうです。

はじめに「今日、君は挨拶をしないまま席についたね」という事実を話します。次に「君が挨拶をしなければ、君の後輩も同じようになるよ」という影響を指摘、「期待してたのにとても残念だ」と上司としての感情を伝えます。そこで忘れてはいけないのが相手を尊重する言葉。最後に「君はどう思ってる?」「何か理由があったのか?」と添えると部下の印象は大きく変わります。

今は部下はいませんが、会社員時代のことを思い返して、同じ状況で考えると、こんな上手な対応はできなかったなー。これは部下が相手ですが、どんな相手でもこの順序立ては役に立ちそう。感情を先に出さず、相手に伝えることを第一に考えるのがポイントのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす