Softbankから格安スマホのワイモバイルに乗り換えた3つの理由【年間約18万の節約効果】

2018/02/15更新 カテゴリー:ビジネスハック タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家はSoftbankからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えました。これだけで年間にして約18万円も節約できました。

SPONSOR

SoftBank含む、大手キャリアを使い続けるのはもったいない

SoftBankや大手キャリアの料金プランはオプションやら複雑で、電話を使わなくても、月額1万円くらいはザラにかかります

そこで格安スマホを検討したのですが、ワイモバイルはSoftBankグループのため安心感がありました。(ワイモバイルは2015年にSoftBankに吸収合併されています。)

SoftBankからすれば、そのまま使ってくれたほうが利益率が高いですが、他社にMVNOでとられてしまうくらいなら自社のワイモバイルに移行してもらいたいというのが本音なのではないでしょうか。

はっきりいって情報を知らない人だけが搾取されている状況です。

ワイモバイルに乗り換える3つの理由

1)毎月の料金が圧倒的に安い

料金プランはシンプルにデータ容量と通話がセットで1,980円と安くてわかりやすいです。(キャンペーンで2年間は1,480円)

通話は1回につき10分までかけ放題。家族の2台目はさらに500円割引で1,480円なので家族で入るとさらに安価。

私と嫁の場合で考えると、Softbankだと毎月約20,000円かかります。ワイモバイルだと機種にもよりますが、2人でもおおよそ月に5,000円くらいで収まります。月にして15,000円、年間でなんと180,000円もの差があるのです。

2)SoftBankの電波を使うため、通話・通信ともにSoftBankと同等。


通信がどうなのかなと思ってましたが、普通にSoftBankの電波を使うため、同クオリティ。安心です。また、今使っている番号もそのまま使えます

3)全国に4,000の店舗がある

他のMVNOはネット専用のところが大半で敷居が高いです。

デメリットはデータ容量がすくなくなることくらいです。それも家ではプロバイダのWi-Fiを使っているので外出時しか影響がありませんので、いまのところ困ることはありません。

SPONSOR

でも、いろいろ手続きが面倒じゃないの?

格安MVNOは店舗を持たないところが多く、詳しくない人が切り替えるには難しいところがあります。

その点、ワイモバイルは全国に4,000店舗あるので、近くのワイモバイルにいって契約するだけです。忙しい人でもワイモバイルはネット契約もできるのがいいところ。わからないところは電話や店舗で聞くこともできます。

いまオンラインショップで乗り換えると15,000円還元のキャンペーンやってます。「スマホにあんまり詳しくないんだけど…」という人にこそ、ワイモバイルがおすすめです。
ワイモバイルの公式オンラインショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす