コンテンツへスキップ →

Softbankで法人契約!個人契約から切り替える手順と必要な書類は?

昨日、携帯の契約を法人に変更するため、Softbankショップに行ってきました。個人から法人に「譲渡」ということになるとのこと。

Softbankにて契約譲渡

「個人から法人へ譲渡したい」ということを伝えるとスムーズだと思います。電話番号はもちろん変わりません。また、残債についても譲渡され、法人が支払うことになります。料金プランは名称は変わりますが、内容は同じで変わりありません。ちなみに請求書は法人の場合、郵送でも無料とのことでした。

必要な書類

・個人の印鑑
・個人の本人確認証明書(免許証など)
・法人の印鑑
・登記簿謄本
・名刺など法人に在籍しているという証明になるもの

譲渡手数料

ちなみに、手数料が1,800円(税抜)かかります。

オンラインショップもある

法人専用のオンラインショップもあります。iPhone6の予約は、法人向けオンラインショップから予約する予定ですが、個人向けのものよりも空いてそうな気がするのですが、そうでもないのでしょうか。ちょっと期待。

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK