Unity Scriptで実行確認をする時に便利なDebug.Log

2018/03/23更新 カテゴリー:ビジネスハック タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラムの実行時にエラーはつきものです。トライ&エラーを繰り返して、制作していくことになりますので、どこでエラーが出ているのか、原因をつきとめるために途中で変数を表示させて、どの段階でエラーがでているのか調べる必要があります。

SPONSOR

iOSのXcodeではNSLogという便利なものがありますが、Unityにもおなじような関数がありました。Debug.Logです。Script内の任意の場所で、以下のように記述します。

Debug.Log(“test”);

そうするとUnityの画面左下に表示されます。

コンソール画面にもログとして、ずらーっと結果が残ります。

今回はこれだけです…。国内のUnity情報は圧倒的に不足しているので、小さなことでも残していきたいと思います。

iPhoneアプリ開発のTips一覧はこちら

効率のいいiOSプログラミング習得法

独学でプログラミングをはじめてもう16年。
なかなか勉強が進まない人のために記事を書きました。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす