Skip to content →

Unity Scriptで実行確認をする時に便利なDebug.Log

プログラムの実行時にエラーはつきものです。トライ&エラーを繰り返して、制作していくことになりますので、どこでエラーが出ているのか、原因をつきとめるために途中で変数を表示させて、どの段階でエラーがでているのか調べる必要があります。

iOSのXcodeではNSLogという便利なものがありますが、Unityにもおなじような関数がありました。Debug.Logです。Script内の任意の場所で、以下のように記述します。

Debug.Log(“test”);

そうするとUnityの画面左下に表示されます。

コンソール画面にもログとして、ずらーっと結果が残ります。

今回はこれだけです…。国内のUnity情報は圧倒的に不足しているので、小さなことでも残していきたいと思います。

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
教える、学べるオンラインメンターサービスMENTAの代表 / 2-30個のサービスをつくり、M&Aで億単位の売却 / 受託開発20年→受託をやめサービス開発に専念→個人開発でつくったMENTAがヒット→ランサーズグループにジョイン / YouTubeで「サービスづくりで生きていく」配信中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SUBSCRIBE

メールマガジンに登録いただけると、ブログの新着記事をお知らせいたします。(励みにもなります!)また、YouTubeチャンネルでも個人開発・サービスについての情報を発信中です。

SPONSOR

Published in HACK