コンテンツへスキップ →

QuickTimeでiPhoneアプリのプロモーション動画を作ろう

百聞は一見にしかず。文章よりも画像よりももっと分かりやすいもの。それが動画です。Macに標準搭載されているQuickTimeを使えば、かんたんにiPhoneアプリを動かしているところを録画することができます。

QuickTimeで画面収録

iPhoneシミュレータでアプリを起動

まず、収録したいアプリをシュミレータで起動します。

QuickTimeを起動

QuickTimeを起動して、「ファイル」→「新規画面収録」をクリック。

お察しの通り、この録画ボタンをクリック。

そうすると「クリックするとフルスクリーンで収録されます。画面の一部を収録する場合はドラッグしてください。」と出てきます。ここで、シミュレータの画面のみをドラッグで選択します。

「収録を開始」をクリックすると、撮影がはじまりますのでシミュレータにて動かします。動かし終わったら、録画を停止。最後に「ファイル」→「書きだす」でmovファイルが出来上がります。

サイズが重たければ、Web用の書き出しもありますので画質とサイズを見ながらお好みで。

iPhoneの外枠を作る

concoquoさんがiPhoneのグラフィック素材を提供してくれています。後は、画面以外をサイズを合わせてごっそりつくります。スライスでザクザク。

後はコーディングして動画が入る部分は

<embed src="ムービファイル.mov" type="video/quicktime" width="480" height="320"></embed>

のようにして読み込ませれば完成です。

なお、今回の新規画面収録はそのままでは音は録画されません。音も録画するにはフリーソフトを使えば解決するようです。
>> QickTime Xからの新機能「画面収録」、音も一緒に録りたい時はこうすれば良い

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK