QuickTimeでiPhoneアプリのプロモーション動画を作ろう

2018/03/23更新 カテゴリー:ビジネスハック タグ: , , , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

百聞は一見にしかず。文章よりも画像よりももっと分かりやすいもの。それが動画です。Macに標準搭載されているQuickTimeを使えば、かんたんにiPhoneアプリを動かしているところを録画することができます。

SPONSOR

QuickTimeで画面収録

iPhoneシミュレータでアプリを起動

まず、収録したいアプリをシュミレータで起動します。

QuickTimeを起動

QuickTimeを起動して、「ファイル」→「新規画面収録」をクリック。

お察しの通り、この録画ボタンをクリック。

そうすると「クリックするとフルスクリーンで収録されます。画面の一部を収録する場合はドラッグしてください。」と出てきます。ここで、シミュレータの画面のみをドラッグで選択します。

「収録を開始」をクリックすると、撮影がはじまりますのでシミュレータにて動かします。動かし終わったら、録画を停止。最後に「ファイル」→「書きだす」でmovファイルが出来上がります。

サイズが重たければ、Web用の書き出しもありますので画質とサイズを見ながらお好みで。

iPhoneの外枠を作る

concoquoさんがiPhoneのグラフィック素材を提供してくれています。後は、画面以外をサイズを合わせてごっそりつくります。スライスでザクザク。

後はコーディングして動画が入る部分は

<embed src="ムービファイル.mov" type="video/quicktime" width="480" height="320"></embed>

のようにして読み込ませれば完成です。

なお、今回の新規画面収録はそのままでは音は録画されません。音も録画するにはフリーソフトを使えば解決するようです。
>> QickTime Xからの新機能「画面収録」、音も一緒に録りたい時はこうすれば良い

iPhoneアプリ開発のTips一覧はこちら

効率のいいiOSプログラミング習得法

独学でプログラミングをはじめてもう16年。
なかなか勉強が進まない人のために記事を書きました。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
15年続けた受託開発をやめ、自分が作ったサービスだけで生きていくことを決意。同じゴールを目指す仲間が集まる入江開発室を運営 / 師弟関係がつくれるサービス「MENTA」をつくりました。
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす