Skip to content →

QuickTimeでiPhoneアプリのプロモーション動画を作ろう

百聞は一見にしかず。文章よりも画像よりももっと分かりやすいもの。それが動画です。Macに標準搭載されているQuickTimeを使えば、かんたんにiPhoneアプリを動かしているところを録画することができます。

QuickTimeで画面収録

iPhoneシミュレータでアプリを起動

まず、収録したいアプリをシュミレータで起動します。

QuickTimeを起動

QuickTimeを起動して、「ファイル」→「新規画面収録」をクリック。

お察しの通り、この録画ボタンをクリック。

そうすると「クリックするとフルスクリーンで収録されます。画面の一部を収録する場合はドラッグしてください。」と出てきます。ここで、シミュレータの画面のみをドラッグで選択します。

「収録を開始」をクリックすると、撮影がはじまりますのでシミュレータにて動かします。動かし終わったら、録画を停止。最後に「ファイル」→「書きだす」でmovファイルが出来上がります。

サイズが重たければ、Web用の書き出しもありますので画質とサイズを見ながらお好みで。

iPhoneの外枠を作る

concoquoさんがiPhoneのグラフィック素材を提供してくれています。後は、画面以外をサイズを合わせてごっそりつくります。スライスでザクザク。

後はコーディングして動画が入る部分は

<embed src="ムービファイル.mov" type="video/quicktime" width="480" height="320"></embed>

のようにして読み込ませれば完成です。

なお、今回の新規画面収録はそのままでは音は録画されません。音も録画するにはフリーソフトを使えば解決するようです。
>> QickTime Xからの新機能「画面収録」、音も一緒に録りたい時はこうすれば良い

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

Published in HACK