クリエイターが「技術を売る」

2012/08/30 (2016/09/14更新) タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巷では有料メルマガの話題で盛り上がっていますが、コンテンツや技術を売る方法として、メルマガ以外にも効果的な手法として参考になるサイトを見つけました。

SPONSOR

無料であること、有料であること

インターネットで探せば情報は数多く見つけることができます。しかし無料で公開されてはいるものの、核心的な部分は公開していなかったり、本よりも情報量が劣るなど、無料であるが故に制限されていることが多いと思います。

皆それぞれが仕事をしながら、濃い情報を公開するのは時間的にも、それに対するメリットを考えても、なかなか難しいというのが現状なのではないでしょうか。私も技術的な情報を掲載することがありますが、時間のかかる作業です。

対して有料メルマガにせよお金をとる以上、責任が生まれますので、時間を確保してしっかりとした情報を配信しなければなりません。しかしこの場合は、お互いにメリットがあるため、成立します。

有料会員制のサイト

ところで、私は最近Unityというゲームエンジンの勉強をはじめました。人気のゲームエンジンですが、まだまだ日本語での情報は少なく、本も多くありません。

そんな中、海外サイトで見つけたのが「design3」。たくさんのUnityのチュートリアルが掲載されていて、しかも動画なので分かりやすく、覚えるのには最適です。しかしこのコンテンツ、途中までは無料で公開されているのですが、レッスンを進めていくと、有料登録が促されます。

全てが無料で公開されているわけではなく、本当に知りたい技術は有料会員になってからね。というもの。それでも知りたい情報があれば、お金を払ってでも学びたいと思っています。↓このように半透明のものが有料。

日本での技術的な情報はまだまだ少ないので、例えばゲーム会社がゲーム事業とは別にこのようなシステムを作って公開するなど、やってもらえるとうれしいなと思います…。

この記事もおすすめ
記事を書いている中の人
入江慎吾
WEBサービスやアプリのデザイン・開発をやっているクリエイターです。クラウド見積請求:CLOUD PAPER、リモートワーク求人:Rework、買い物メモアプリ:Rememo。情熱のこもったプロダクトをどんどんつくりたいです。(もっと詳しいプロフィール
この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メールマガジンで新着記事をフォロー

 

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクで開発したプロダクト
SPONSOR
こちらの記事もおすすめです