Time Machineのバックアップ間隔を設定する

2012/06/13 (2016/09/14更新) カテゴリー:ビジネスハック タグ: , , ,
SPONSOR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macに標準搭載されているTime Machineは使っていますか?間違えてファイルを削除してしまったり、変更してしまったりした時、パソコンが壊れてしまった時、といういざという時のためのバックアップをとってくれる優れものです。Time Machineを使うには、保存用のHDDが必要です。

SPONSOR

バックアップ間隔が短い

安心といえば安心なのですが、最初に設定されているバックアップ間隔は1時間になっています。これを設定でかんたんに変更出来れば問題ないのですが、設定メニューからは変更できません

1時間にしていると、ガンガン作業している最中もバックアップをとりだして、処理が重たくなって、作業に支障をきたしてしまいます

そこで、バックアップの間隔を変更する方法のご紹介です。私はLion環境で試していますが、それぞれの環境によって違うかもしれませんので、自己責任でお願いいたします。

ターミナルからバックアップ間隔を設定する


Spotlightでターミナルを起動します。

そして、以下のコマンドを実行するだけ。

sudo defaults write /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval -integer 21600

21600の部分が間隔の時間です。秒単位となっていますので、60分×60秒=3600がデフォルトですが、必要に応じて3600×時間で計算して出してください。私の場合は、5時間にしてみました。

設定したら

sudo defaults read /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval

を実行すると、正しく設定されているかどうかを調べることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事

SPONSOR
IRITECはITエンジニアが「コンテンツで集客・広告収入を得る」「お客様の話をきいて価値を提案できる」 「自分で考えたアプリで収益を上げる」など、エンジニアが生き残っていくための情報をお届けしているビジネスハックメディアです。

COMMENT

コメントをどうぞ

RELATION

関連する記事

SPONSOR

RECOMMEND

おすすめの記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす

PROFILE

イリテクのプロフィール

イリテクはWEBシステム・スマホアプリ開発を得意とする制作会社です!
入江 慎吾/イリテク株式会社 代表取締役
1982年生まれ。長崎県 五島列島出身。福岡のWeb制作会社で10年間、ディレクション、Webデザイン、システム開発に従事。 その後、趣味で始めたiPhoneアプリ開発をきっかけにフリーランスとして独立後、2014年にイリテク株式会社として法人化。(もっと詳しいプロフィール)
SPONSOR

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト