Skip to content →

Googleで技術情報を調べるときに便利なカジュアル小技

技術的な情報は仕様が変わることが多いので、数年前の情報はアテにならないことがあります。試してみて失敗した時には、元の状態に戻すほうが大変だったり…。そんな時に使える小技のご紹介です。

Googleでは期間指定で検索できる

同じ検索結果でも1年以内のものに絞ることで、最新の情報を見ることができます。ただし、期間を短くするほど情報が少なくなっていきますので、期間の範囲を広げていくやり方がいいと思います。技術情報ではないですけど、商品のレビューや感想を調べるときは、ブログだけに絞って調べたりすると購入者の生の情報が見れて便利です。企業のニュース系だとあからさまに批判的なことはかかないですからね。

左下の「もっとツールを見る」をクリック。

期間を設定できるほか、日付順で並び替えもできます。

日本語のページを検索

普通に検索すると日本語以外の情報も検索されますが、まずは日本語に絞って検索。英語が読めればいいんですけどねー…。

ただ日本語だけだとマニアックな情報は出てこないことが多いので、そんな時は翻訳して検索。英語で検索してページを開いてから翻訳でもOK。翻訳して検索の場合、検索の見出しで内容が掴みやすいかも。

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
教える、学べるオンラインメンターサービスMENTAの代表 / 2-30個のサービスをつくり、M&Aで億単位の売却 / 受託開発20年→受託をやめサービス開発に専念→個人開発でつくったMENTAがヒット→ランサーズグループにジョイン / YouTubeで「サービスづくりで生きていく」配信中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SUBSCRIBE

メールマガジンに登録いただけると、ブログの新着記事をお知らせいたします。(励みにもなります!)また、YouTubeチャンネルでも個人開発・サービスについての情報を発信中です。

SPONSOR

Published in HACK