Skip to content →

熊本の秘境、杖立温泉は穴場なので行ってほしい。

いやぁ寒い。寒いです!しかしそんな寒い季節だからこそ、温泉でほっこりしたい。そんなことで、いつも遊んでる友達夫婦と4人で、杖立温泉に行こうと計画をたてていました。しかし、前日の真夜中に友人が風邪をひいてノックアウト…。友人には忍びないですが、急遽奥さんと2人だけで杖立温泉に行くことに。

杖立温泉の由来とは?

熊本県にある、杖立川沿いの谷間の狭地にある温泉で、こじんまりとした古きよき旅館が立ち並ぶ温泉街です。約1800年の歴史があるらしい。

一説によれば、杖の助けを借りてやってきた人が、湯治により健康を取り戻し、帰る時には杖なしで済むという弘法大師の由来から名づけられたそうです。

高速バスで向かったんですが、杖立でおりたのは僕らだけ。近くに有名な黒川温泉があるので、みんなそこに行っているみたいです。でもそのおかげで、人が適度に少なくて、ゆっくりできる隠れた秘境の雰囲気がただよっていました。

四季の宿 わかのやさんに宿泊

100年以上の歴史ある旅館。四季の宿 わかのやさんに宿泊させて頂きました。全部で7室のこじんまりとしたところでしたが、掃除をはじめ細やかな配慮が行き届いていて、気持ちの良い旅館でした。

料理に舌鼓。大満足。

旅館の料理といえば、楽しみの一つですが、ここは味も美味しいのはもちろん、量が多い!久々にお腹がいっぱい過ぎて、動けなくなりました。


前菜でこのボリューム。


熊本といえば馬刺し!

ちなみにこの他に、吸い物とごはんも付いてます。

そして朝も凄い!


朝も動けなくなりました…。これだけついて、二人で23000円でした。安い。

1泊2日のすごく満足した温泉旅行でした。
(松本さん、また今度行きましょう…)

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SPONSER

Published in HACK