Skip to content →

エンジニアの転職に必要なのはスキルではなく「学ぶ習慣」

どうも入江です。
MENTAというプログラミングのスキルプラットフォームを作って生きています。

僕は転職経験はありませんが、これまでに数十名のエンジニアさんにお会いして月契約を結んできました。その中で残っている人とそうでない人、そして自身も10年以上エンジニアとして働いている中から、どんな人が求められるのか、考えてみました。

プログラミングの技術も大事だけど、それ以上に学ぶのが好きかどうか

もちろん経験豊富な方がいいにこしたことはありません。けれども、それ以上に「学ぶことが好きな人かどうか」の方が大事です。プログラミングを覚えたらもう勉強しない、技術に興味ない…という人は厳しいです。

例えば1年前にはじめてプログラミングが楽しくてやってる人と、10年やってるけど古い技術で生き残っている人ではどちらがいいでしょうか。

間違いなく前者の方が柔軟で、相談もしやすい。そして変化に弱いエンジニアからは、ネガティブな意見が返ってきやすいです。自分ができる範囲の技術でものごとを収めたいからです。できるかどうかわからないことには手をだしたがりません。

学ぶ楽しさを知っている人は、まず調べることからはじまります。やってみようというのが前提だから、プラス思考です。

そうやって挑戦していくうちに弱点がなくなって、高スキルで市場価値が高い人になっていきます。失敗を恐れずに新しいチャレンジができる人と仕事をすると刺激を受けますし楽しいです。

コミュニケーションスキルは高くなくてもいい

エンジニアという職種は特にいろんな人が多いです。コミュニケーションが苦手な人もいます。が、僕はそういうものだと思っているので全く気にしません。逆に口ではうまいこといってるけど、全然仕事ができないほうが問題です。寡黙だけどしっかり仕事をしてくれる人の方がいい。なのでコミュニケーションではなく、成果だけをみるべきです。

失敗こそが最大の学び

僕は未経験で会社にはいってからエンジニアになりました。その時に、社内にエンジニアは一人だけになり、失敗もたくさんしてきました。エンジニアとしてのセオリーを知らないまま、いきなり現場でやりはじめたため、ひどいものでした。バックアップもなく、データをぶっ壊したこともあります。

そのような痛い経験をして、次からは絶対にそういうことがないように対策を考えていきました。何度か同じ失敗をすると、失敗しそうな重要なポイントがわかってくるので、そこははずさないようになります。そして、この経験はやっぱり数をこなさないと身につかないと思います。

会社としては失敗をギリギリまで長い目で見守る勇気が必要です。(もちろん取り返しのつかないミスがおこらないようにカバーは必要)

開発経験こそが資産

とはいえ、時間が許すなら、転職をする前にできる限り開発を経験しておくのがいいでしょう。自分でサービスをつくって失敗しておけばいいです。個人開発なら会社に迷惑はかけませんし、思う存分好きなようにつくれます。自分のポートフォリオにもなります。

もとめられているのは柔軟性。そして柔軟というのは変化に強い人です。
これだけスピードが早い業界の中で、常に学び続け、変化し続けられる人こそがどの企業でもほしい人だと思います。

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SPONSER

Published in HACK