Skip to content →

ひとことメモで「記憶のしおり」をつくろう

「すぐメモ」という本が当たりだったのでご紹介。
何かを感じたら、6秒以内にメモしてそれをシェアしよう、という趣旨の本。

なぜ6秒以内にメモしなくてはいけないのでしょうか?
それは、人の感情のピークは6秒で過ぎ去っていくと言われているからです。

ヒラメキはメモしないと、忘れてしまうんです。

なにか感じたものがあれば、すかさずスマホでメモ。僕はiPhone標準のメモに書いてます。

記事や動画を見たら感想を書いてシェア。そうすることで、自分の頭で考えるアウトプットの訓練になるし記憶にも残りやすい。意外と読むだけじゃ忘れてしまうので。

ひとことメモは「記憶のしおり」です。これがあるから、その時に考えていたことまで思い出せるんですね。ブログのネタもこれを見れば途絶えることもなくなります。

さらにメモをSNSでシェアすれば誰かからリアクションがあって、ディスカッションしていく中で新しいアイデアがでてくるのがすごくいいなと思ってます。

結果1人じゃ考えつかないようなアイデアにブラッシュアップされる。アイデア思いついたらまず投稿を。6秒後に忘れますので…

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SPONSER

Published in HACK