35歳定年説で考えるエンジニア戦略。技術一本でいく方がリスクが高い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はいまちょうど35歳。

35歳定年説はよく聞きますが、僕は35歳がどうこうという前に、ある程度の技術を身につけたら、その先も技術一本でいくのはリスクが高いと考えています。

この記事では、その理由を説明していきます。

SPONSOR

技術一本でいく方がリスクが高い

もちろんベースの技術力は必要です。1人で開発できるだけのスキルは必要ですが、30代以降も技術を突き詰めていく必要があるかは疑問です。

割合としては技術への投資を2〜3割くらいに抑え、そのほかの総合力を高めていった方がいいと思うのです。

30代になっても、技術一本で本当にいいのか

脳の衰えにはかないません。特に記憶力は落ちてきますし、回転スピードも落ちていきます。

40〜50代になっても、いまと同じように技術1本でいいのか。年齢を重ねてもさらに生産性を何倍にもしていけるのか。また、台頭してくる若い世代にずっと勝てるのか。

正直なところ、厳しいと思います。

本当に技術だけで食べていけるエンジニアは数%(技術顧問ふくめ)でしょう。

また、企業側からみても、年をとった技術者に求められることは違います。経験をいかした若い技術者を束ねるマネジメントの方が求められます。

ニッチなところを狙うエンジニア戦略


だからこそ、あえて競争がはげしいところに飛び込まないでいいと思います。

ビジネスがわかるエンジニアを目指す

僕が目指しているのは、ビジネスができるエンジニアです。

お客様の話によりそって、アプリ開発ができることはもちろん、コミュニケーションが得意で、営業もできて、デザインにも理解がある、そんなトータル力をもつエンジニアの方が需要があると思っているからです。自分で営業して開発できるエンジニアは最強です。

さらに自分でアプリを企画して販売までしていれば、いろんなノウハウが手に入ります。これらの実績は転職する際にも実績として役に立ちます。

ハードルが高い…と思われるかもしれませんが、営業に同行するとか話を聞いてみるとか、会議で提案してみるとか、デザインの本を読んでみるとか、すべては自分次第です。技術の殻にとじこまらずに、別のスキルを磨いていってビジネススキルの高いエンジニアを目指しましょう。

上位数%の技術者を目指すより、こちらの方が現実的だし、多くの企業に求められる人材ではないでしょうか?

もし今の職場では、それが叶いそうにないなら

職場環境によっては、同行したり首をつっこむことを嫌がるところもあるでしょう。

それならば、自由に自分のスキルをのばしていける社風の会社に転職してはいかがでしょうか。

僕が思うのは、目先の収入よりも、数十年後の将来を見据えた会社をさがすべきだということです。後悔のないエンジニアライフを送るため、忙しい日々に忙殺されるだけではなく先のことを考えた戦略をねっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす