スティーブ・ジョブズ氏に学ぶ!ものづくりの精神とこだわり!

2018/03/23更新 カテゴリー:デザイン,ビジネスハック タグ: , , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに、私がmacを使い始めたのは2008年。
彼の歴史をそこまで詳しく知りませんでした。
もっと早く知っておけば良かった。

SPONSOR

決して折れないこだわりを持つことの素晴らしさ

数々のエピソードの中でも特に凄いなぁと思ったのは、GoogleのVic Gundotra氏による、スティーブ・ジョブズ氏のエピソード。詳しくは「ある日曜日に突然かかってきた、スティーブ・ジョブズからの電話」を。

要約すると、Googleのモバイルアプリ責任者のもとにスティーブ・ジョブズ氏から、日曜日に突然電話がかかってきました。

ジョブズ氏が何かに怒り、電話をするのは平日ならお馴染みのことだったのですが、日曜にまで電話がかかってくるなんてことは、普通じゃありえなかったそうです。

当然、ビクビクしながら電話をとるのですが、ジョブズ氏の電話内容はこういったものでした。

「iPhoneでGoogleのロゴを見ているのだけど、アイコンが気に食わない。
Googleのロゴの二つ目のOの黄色のグラデーションがおかしいんだ。とにかく間違っていて、明日グレッグに修正させようと思うのだけど、それでいいかな?」
というもの。

これだけ大企業のトップが色のグラデーションまで気を使う、そのことに驚きました。

やることもたくさんあるはずなのに、そこまで気が回るのかと。

他にも、初めてコンピューターの画面上にきれいな文字を出したり、きれいな文字をプリントアウトできるようになったのもmacが初だったり、背面のデザインもこだわったり。

背面のデザインについての、この名言もシビれます。

「もし君が家具のデザイナーでとても美しい箪笥を作っていたら、背面で誰も見ないからと言って後ろにベニヤ板をはったりするだろうか。背面でもそこに存在すると感じれば、後ろにも美しい木材を使うだろう。それは、夜よく眠るために、本物の証のために、品質のために。全てが一貫された出来映えのために、きっとそうするだろう。」

大きなビジョンがあるからこそ、きつくても楽しいし、全力で走り抜けることが出来る。全力だから、細部にもこだわる。一度きりの人生、そうありたいと強く思わされました。

ジョブズについてもっと知りたい方は「「Think Simple」アップルから学ぶ熱狂的哲学10個の教え」の記事もどうぞ。

「Think Simple」アップルから学ぶ熱狂的哲学10個の教え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす