会社に勤めていても「副業」はするべき!

2018/03/23更新 カテゴリー:コラム,ビジネスハック タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

副業をすると月の収入が増えるから…というお金が理由ではありません。そりゃ収入は増えたほうがいいですが。

SPONSOR

副業のメリットは「稼ぐ練習」ができること

もっと重要な理由は、「稼ぐ練習」ができることにある。
「稼ぐ練習」とは、すなわち、自分で商品をつくり、販売を行ない、代金を回収して再投資をする、そのサイクルの体験だ。サラリーマンは、会社内では分業で行なっているため、どうしても稼ぐ力が弱い。
「仕事ができるやつ」になる最短の道

これです。「稼ぐ練習」ができるということ。この体験が超貴重です。会社はいつまで続くかわかりません。一生あなたを守ってくれる保証はないのです。いまや大企業でも安心できないですよね。

会社の寿命はますます短くなり、働く年数よりも、会社が存続する年数のほうがはるかに短い。結局のところ、人生を勤め先に委ねることは、あなたの人生を会社の都合、上司の都合に合わせる、ということと同じだ。
「仕事ができるやつ」になる最短の道

将来に備えて貯めるのは貯金ではなく「経験」

副業を通して自分で作る、マーケティングする、売る、改善するといった全ての体験をすることができたなら、道は大きく開けます。不安定な未来に備えて、いまから貯めるのは貯金ではなく「経験」にほかなりません。経験はお金に代えがたい資産になります。

いまは小さくつくって市場に出す、反応を見る、修正するというサイクルをどれだけ早く回せるかが成功の鍵を握っています。とにかく、小さくても稚拙でもいいから、リリースして反応をみること。だしてみて、よければパワーアップさせていけばいいんです。

ブログだって副業といえます。記事を書いて反応をみて、方向性を改善していく。そこから収益をどうやって生むのか考えることだってできます。どんなことだって、ビジネスとして考えることはできます。

もし再就職するとしても、小さくても自分でビジネスをやっていた人は貴重ですし有利です。経営者はそんな人をとりたい。自分でなにかやってる人は人間的にも面白い人が多い。会社もビジネスをやっているので、ビジネスの原理をわかっている人間が入ることは、大きなプラスになります。再就職せず、自分で起業してもいいでしょう。

つまり、小さなことでも「稼ぐ練習」をするということは、あなたにとっても貴重な体験となるものです。自分の可能性を広げたいなら、ぜひ毎日の1時間でも、日曜日だけでもいいので小さくはじめてみることをおすすめします。毎日もより一層ハリがでることでしょう。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は約1ヶ月で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす