歯根端を切除してきました

2018/02/09更新 カテゴリー:ビジネスハック タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、歯根端切除をしてきました。あまりこういう経験もないと思うので軽くレポートを。そもそもの原因は、数年前に差し歯を入れていたのですが、そこの歯がささっている奥が化膿して歯茎の中で大きくなって、歯を溶かしたり、痛みがでたりと悪さをするためです。

SPONSOR

差し歯の奥が化膿している

昨年から週1回くらいのペースで徹底的に虫歯の治療と、歯を綺麗にしてもらっていました。そして最後の1回の治療を行う前に、前歯横の歯の裏がふくらんで痛みだしたのです。それで先生に診てもらったところ、差し歯の奥が化膿しているとのこと。レントゲンをとると黒くなっているのがわかりました。

そのまま放っておくと、しばらくして膨らんだところはしぼみますが、やがてまた繰り返すようになり、だんだん大きくなるとともに痛みが増すそう。で、これを防ぐために差し歯の奥の病巣となっているところを治療する必要があるといわれました。

普通は根管治療というもので、差し歯を一旦はずして、根の掃除をして入れなおす。ということをやるのですが、僕の場合は差し歯の根自体はきちんと薬ものこってきれいな状態にも関わらず、化膿していることから根管治療では治療できないとの判断でした。そこで歯根端切除術しましょう、という話に…。

そこで、歯茎を切り取って直接差し歯がささっている病巣部分ごときりとるということでした。歯茎を切除すると聞いただけで、そんな大変なことになるとは予想だにしておらず、軽く震えました。つきましては大きい病院を紹介しますので、そこで手術してもらってきてください。とのこと。

家に帰ってオロオロしてたら、嫁には「男の人って本当痛みに弱いよね…」といわれる始末。いろいろ考えてももう逃げられない運命を悟った私は、もう深く考えることをやめ、あきらめたのでした。

歯根端切除手術スタート

紹介された病院で先生に診てもらい、やはり歯根端切除じゃないとダメだろうという判断で、手術日を予約しました。

それで迎えた当日、歯茎に麻酔を何発か注入されて、次に「じゃあ切りますので、いいですか?」といわれ、「ダメです、ともいえないでしょう」と考えている間に、メス?が入りました。

麻酔をしていたので痛みはありませんでしたが、顔には布がかけられて何が起こっているのかわからず、切られている妙な感触だけ。うわぁ、今切られてるんやぁ…という頭の中のイメージだけで恐怖が広がりました。

そして、その後、ドリルで根の先端をガガガと削られました。痛みはなかったですが、本来は歯茎があるはずのところから、ドリルが入っているので、歯茎を切られてドリルがあたっているのを想像して、また想像だけでガクブルでした。

そんなこんなで、1時間くらいで治療は終わりました。その後、痛み止めと化膿止めの薬をもらいまして帰りました。手術中よりも終わってから麻酔がきれてからの方がジンジン痛みました。今は4日目なので痛みは落ち着きましたが、ハミガキが怖かった。来週抜歯して問題なければ終わる予定です。

終わってみれば一安心。なにごとも早めの発見、治療が一番ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす