心配すればするほど、悪いことは起こらない

2016/09/14更新 カテゴリー:ビジネスハック タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は結構な心配症です。心配するなといわれても、それで心配事がなくなるんだったら苦労しません…。でも、心配することも悪いことばかりではありません。

SPONSOR

心配していることはほぼ起こらない

心配しているということは、そうならないように既に何か手を打っているはず。そうすると、ほぼ悪いことは起こりえません。また、もし起こったとしてもそうなったらどうするか、事前に考えてもいます

本当にこわいのは事前の対策をねっていないパターン。実際にそうなった時にどうしていいか分からずパニックになってしまいます。そうならないために、色んな角度から大丈夫だろうか…と対策を練ります。なので心配すること自体はいいことだと考えています。

僕の業務の中で心配することが多いものの一つにサーバー移行があります。少し間違えれば、サイトが閲覧できなくなったり、データが正しく移行できてなければエラーも出ます。ドメインが変わっていればメールの再設定も必要です。いろいろと心配する点が増えるため、何度やってもなれません。これを解決するには一度、頭の中からだしてあげて整理することです。

不安に思っていることをすべて紙に書き出す

頭の中にある心配事を箇条書きで書き出します。書き出したら、それが起こらないようにするには、どんなことが必要か、何を確認すればいいのか考えます。そうすると全体を俯瞰できて、冷静に必要なことの見極めがうまくいきます。

問題ごとは想定していないところから現れます。これは間違いありません。原因がわからないことほど怖いものはありません。こればかりは、避けて通れませんが、経験を積むとやっぱり減ります。もちろん失敗の上で。

失敗したら反省も大事ですが、それよりも充分に原因を調べてなぜそれが起こったのか、今後そうならないようにどうしたらいいのかを真剣に考えることです。そうすると次は同じ失敗はしません。

心配性なのでこれからも心配ばかりしてそうですが、先に手を打ちまくって進みたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
15年続けた受託開発をやめ、自分が作ったサービスだけで生きていくことを決意。同じゴールを目指す仲間が集まる入江開発室を運営 / 師弟関係がつくれるサービス「MENTA」をつくりました。
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす