Skip to content →

一つの画像からiOS、Androidアプリアイコンを書き出せる「IconKit」が超絶便利!

インストールされるデバイスの種類が増えたことで、デベロッパーはたくさんのアイコンをつくる工程が増えました。アイコンを実機に入れてみては、チェックし、変更したりしていると、差し替えるだけでも大変な作業です。そんな時に役立つのが「IconKit」です。

アイコンを一つ準備するだけ

最大サイズのアイコンを一つ準備して「IconKit」にドラッグするだけ!
iconKit
そうすると…
iconKit
こんな感じで、いろいろなサイズのアイコンを作ってくれるのです。
syurui
最終的に書きだす際に、どのデバイス用なのかを選択します。
3
そうると、アイコンがずらっと作られます。

500円(2013/12/13時点)の有料アプリですが、アップデートもきちんと行われ続けていますし、デベロッパーにはおすすめのMacアプリです。

IconKit

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
教える、学べるオンラインメンターサービスMENTAの代表 / 2-30個のサービスをつくり、M&Aで億単位の売却 / 受託開発20年→受託をやめサービス開発に専念→個人開発でつくったMENTAがヒット→ランサーズグループにジョイン / YouTubeで「サービスづくりで生きていく」配信中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SUBSCRIBE

メールマガジンに登録いただけると、ブログの新着記事をお知らせいたします。(励みにもなります!)また、YouTubeチャンネルでも個人開発・サービスについての情報を発信中です。

SPONSOR

Published in HACK デザイン 生産をあげるITツールの紹介