コンテンツへスキップ →

MacでのWeb制作が捗る!Windowsを動かせるパラレルデスクトップ!

Web制作にはブラウザチェックがつきものです。最近は、さすがにIE6のサポートは打ち切るようになりましたが、いまだにシェアが多いIE7以降の最終確認をしないといけません。

ちなみに、このブログはIEではチェックしていません。一部のIEで表示が崩れることを知っていますが、容認しています(汗)。自分のブログくらい、嫌いなIEを無視したいのです。

MacでWindowsを動かすには

そもそもMacには標準で入っているBootCampを使い、Windowsをインストールして使うことができるようになっています。

BootCampはハードディスクを分割して、それぞれMacとWindowsをインストールします。Macで起動すれば普段通りMacとして使え、Windowsで起動すればWindowsを使えます。

ただし、BootCampではMacを立ち上げておきながら、Windowsも同時に使うというような同時起動はできません

(参考) 完全保存版・MacにWindows 7をインストールしよう

Macを使いながら、ソフトのようにWindowsが使える

Parallels DesktopはBootCampと違い、Macを起動しておきながらWindowsも同時に使うことができるソフトです。

このようにMacを使いながら、Windowsのアプリケーションも同時に起動できるという不思議なことが。これでMacでWebを作りながら、IEで表示確認もできるというわけです。

BootCampだったら、一度Macを終了させてWindowsを起動しなおして、またMacで修正して…というような無駄な時間もなくなります。

MacのDockにWindowsアプリケーションメニューが入っています。

もちろん、Windowsの画面そのままを出して使うことも可能。ドラッグアンドドロップでMacの中にあるファイルをWindowsにコピーしたりできます

WindowsでIE Testerをインストールしておけば、各バージョンのIEで素早くチェックできます。Windowsでしか使えないソフトを使いたい時にも、サッと使えて便利。

WindowsOSは購入する必要がある

BootCampでもパラレルデスクトップでも、WindowsのOS自体は購入しておかなければインストールできません。WindowsOSの購入ではパッケージ版とDSP版の2つがありますが、DSP版の方が安いです。

しかし、DSP版は購入時にメモリーやHDD等と同時に購入する必要があり、その購入したハードウェアでしか使うことができません。そして、マイクロソフトのサポートもありません。素直にパッケージ版をおすすめします。

WindowsPCを持たず、MacでWebの制作をするクリエイターにとっては凄く助かるソフトです。

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK 生産をあげるITツールの紹介