HOME > ビジネスハック > MacBook AirのNAS+バックアップとしてTime Capsuleを購入!
2012/06/12 (2016/09/14更新) タグ: , , ,

MacBook AirのNAS+バックアップとしてTime Capsuleを購入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前このブログでもご紹介したのですが、LinkstationというBUFFALO社のNASを購入して使っていました。NASは外付けHDDのネットワーク版で、USBでつなげなくても無線でHDDが使える。というものです。このLinkstationがちょくちょく接続が切れる上に、データの読み書きも遅くて、支障をきたしていたので、思い切ってTimeCapsuleを購入してみました。

SPONSOR

LinkstationとMacの組み合わせは最悪


やりたいことは
・MacBook Airの容量は多くないので、追加用のHDDとして
・タイムマシーンでバックアップをしたい
・iTunesやiPhotoのデータもAir以外に置きたい
ということです。

本当はこれらはLinkstationでもまかなえるはずだったのですが、接続がちょくちょく切れる、転送速度が遅い、iPhotoに至っては読み込みが遅くて実用的に使えないレベル

Windowsで使うと高速で何のストレスもなし。MacのOSがLionだからかどうか分かりませんが、2週間いろいろと設定などをやってみていましたが、どうにも解決せず。…こんなの要らねェ!!(#゚Д゚)ゴルァ!!

Time Capsuleができること


ということで、前々から気になっていたApple製品のTimeCapsuleの購入に至りました。

さきほど挙げた
・MacBook Airの容量は多くないので、追加用のHDDとして
・タイムマシーンでバックアップをしたい
・iTunesやiPhotoのデータもAir以外に置きたい
もちろんできます。

設定も簡単で、AirMacユーティリティを立ち上げて、次へ次へ進めば設定完了。あとはTime Machineの保存先をTime Capsuleのディスクにするだけ。

iPhotoへのアクセスも問題ないレベルです。今のところ、接続エラーもありませんし、AirMacユーティリティで5GHzネットワークを作ることができ、MBAから接続する際にはこの5GHz帯(802.11a)を使うことで、ネットワークが高速化されます。

さらにTime Capsule自体に無線機能が内蔵されているため、無線ルーターも不要に。モデムやルーターから有線接続すれば、Wifi環境を構築できます。なので、今まで使っていたBUFFALOルーターもお蔵入りしてやりました。

やっぱりMacにはApple製品が安心ということか…。

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSER

こちらの記事もおすすめです

お役にたちましたら、メール購読もどうぞ!

 

イリテクの最新記事をお届けします

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクのプロフィール
入江 慎吾
System & Design Developer。イリテク株式会社 代表取締役。自社企画でクラウド見積請求書作成サービス「CLOUD PAPER」を開発・運営。仕様を決めずに少ない予算でも開発をスタートできる「開発までできるシステム顧問サービス」を実施中。(もっと詳しく
開発したWebサービス
開発したアプリ
新着記事
カテゴリ/タグ
SPONSER