Macbook Airの容量が足りなくなったので、NASで自宅クラウド環境を構築!

2012/04/06 (2016/09/14更新) タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家のメインマシンはMacbook Air。事務所ではディスプレイに繋げて大画面で作業し、外出時には持ち出しも簡単なので、とても快適に利用しています。動きが遅いとか、そんなこともないですし。ただ一つ、容量が少ないのだけが問題。写真や音楽、動画を無計画に入れていくと、あっという間に容量をオーバーしてしまいます。そこで、外付けのHDDを検討したのですが、USBポートにずっと繋げておくのもスマートじゃないですよね。

SPONSOR

外付けHDDの代わりにNASを検討


NASはネットワークに直接つないで利用できるHDDです。有線じゃなくて無線でも使えるのが最大のメリットです。ひと昔前は、転送速度が遅くて使いものにならなかったようですが、最近のものは高速になっているとの情報を得て、NASに決定。値段も落ちていて、2万円台で容量2TBのものが購入できます。

NASを販売している会社は国内では大きく分けて2つ。バッファローとI-O DATA。以前バッファローの機器を使っていたこともあって、バッファローにしました。バッファローのNASはLinkstationというシリーズで統一されています。

私が購入したのはLinkstationのLS-VLシリーズの2TB。
BUFFALO 高速モデル NAS(ネットワークHDD) 2TB LS-V2.0TLJ

外出先でもアクセスできる


ネットワーク対応HDDですので、自宅だけでなく外出時にもデータにアクセスできます自宅クラウド環境が構築できるのは魅力的。しかもiPhoneやiPadからも、アクセスできちゃうんです。

Macbook Air+NASのデータ管理

作業用のデータはDropboxを利用して、Macbook AirとDropboxの2つにデータが残るようにしています。NASに移行したものは、iPhotoとiTunes、写真素材、バックアップデータです。これでデータ不足には困ることはないでしょう。Macのバックアップとして、TimeMachineを使ったバックアップもできる点も便利です。ちなみにiPhotoやiTunesはNASにライブラリを移動した後は、同時に2台のPCから起動は出来ません。1台のみ。ここは注意が必要です。

参考:iTunesのライブラリ移動方法 | 参考:iPhotoのライブラリ移動方法

ついでにMacbook Air内のゴミファイルを削除

Magicanという無料ソフトが凄いです。

インストールして、Mac内をスキャンしてクリーンボタンを押すだけ。私の場合11.4GBも空きが出来ました!

Windowsだと確かに高速。だがMac(Lion)だとちょっと遅い

Windowsだとキビキビ動くんですが、Macだとどうも反応が鈍い。接続形式がWindowsはSMBでMacはAFP、この違いがあるようなのですが、改善してほしいところです。ケーブルを変えてみたり、場所を変えてみたり、設定を変更したりしましたが、改善されず。素材やバックアップ用として使っているので、どうにか使えていますが、NAS上でファイルを扱うのは厳しいかもしれません。このあたりはアップデート待ちになりますね。

Macbook Airの容量が不足しがちの方は、検討材料に入れてみるといいかもしれません。

この記事もおすすめ
記事を書いている中の人
入江慎吾
WEBサービスやアプリのデザイン・開発をやっているクリエイターです。クラウド見積請求:CLOUD PAPER、リモートワーク求人:Rework、買い物メモアプリ:Rememo。情熱のこもったプロダクトをどんどんつくりたいです。(もっと詳しいプロフィール
この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メールマガジンで新着記事をフォロー

 

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクで開発したプロダクト
SPONSOR
こちらの記事もおすすめです