コンテンツへスキップ →

chrome拡張のweblioをいれると、マウスオーバーで英単語を訳してくれる

AIによって近いうちに翻訳技術もあがって、英語を覚えなくても住む世の中になりそうですが、まだまだエンジニアとしては自分で技術情報を読める力が必要です。

中学レベルの基本的な文法があれば、文脈は理解できるようになりますが、どうしてもわからない単語はでてきます。そんな時に便利なのが、chrome拡張のweblioです。マウスオーバーだけで英単語を翻訳してくれるという便利さ。

weblioを拡張でいれるだけ

英単語翻訳
これは本当いいですよ。わからない単語だけマウスをのせれば訳がでてくるので、文章を読み解くのに役立ちます。

Weblioポップアップ英和辞典

あわせて下の本も読んで現場で最低限読める英語リーディングを勉強中です。

SHARE

無料メルマガ

「好きなことで生きていく」をコンセプトに、ブログの新着コラムをお届けします。
無料メルマガ登録はこちら

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: ツール 生産をあげるITツールの紹介 生産性を高めるアイデア