Evernoteでのファイル管理が快適すぎる!クライアントの情報をまとめるのにも便利。

2017/08/18 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはファイルの管理はどうしてますか?ほとんどはフォルダに入れて管理しているのではないでしょうか?僕も基本はフォルダ管理です。

ただ、フォルダ管理の問題点として、クライアントが増えてくると、必要なファイルを探すのに手間取ったりします。そこで使っているのがEvernote。今回は、Evernoteの便利な使い方をご紹介します。

SPONSOR

クライアント別にノートブックを作る

過去にも書きましたが、クライアント別にノートブックを作っています。左側のショートカットからサッと探せて便利。

ノートブックを使うと、evernoteが劇的に変わった!

まず、こうしてノートブックで整理しておいて、クライアントごとのメモをこの中に残していきます。メモはさまざまでサーバー情報や提案事項、概算スケジュールなどなど。

とりあえずEvernoteに入れておけば検索も早いですし、外出先でもiPhoneでチェックすることができます。

外出時のふとしたアイディアもEvernote。メモは重いので持ち運ぶ気になりませんが、iPhoneならずっと持ち歩くものなので。音声入力も秀逸です。

Evernoteにファイルを入れるとすぐに探してチェックできる

テキストだけじゃなく、ファイルもいれて使っています。
evernote1
プレビューや共有機能がついています。他のユーザーと共同編集するときには共有します。
preview
プレビューボタンを押すとその場で中身を確認できます。ソフトを立ち上げるわけではないので表示が早い。サッと開きますよ。

Evernoteい入れて便利なところは、なんといってもファイルに辿りつくまでのスピード。クライアントを選べば更新順にノート(ファイルも)が並ぶのですぐにたどり着きます。

僕の場合はデュアルディスプレイなのですが、1台のディスプレイでEvernoteをずっとひらっきぱなしにしています。

IKEAの電動スタンディングデスクを購入!実際に仕事で2ヶ月使い続けてみた感想は?!

編集する時は右上の「○○で開く」から。これで編集後は自動でEvernote内のファイルも最新に更新されます。わざわざダウンロードして編集してEvernoteに戻して…という作業は必要ありません!(僕はいままでそうしてました…)

Evernoteに入れるのは全てのファイルではありません。僕でいえばシステム開発の際にスケジュールはひんぱんにチェックしますし、設計書も見たり、アップデートします。そのような頻度の高いファイルを入れておくと、すぐに探せるので便利なのです。

Evernoteのファイル最大容量は?

月間アップロード容量が、それぞれ60MB(ベーシック版[無料版])、1GB(プラス版 3,100円/年)、10GB(プレミアム版 5,200円/年)となっています。僕はEvernoteがないと仕事にならないので、プレミアム版に加入してます。
参考)Evernote料金プランはこちら

Evernoteのキャッチコピーは「すべてを記憶する」。その名の通り、個人的なことも仕事にも使える最高のデジタルメモツールです。また、なにげにiPad ProのPencilとも相性がいいです。専門ノートアプリより、Evernoteの手描きメモの方がペンが使いやすいという…。

iPad Proでアプリのワイヤーフレーム描くのが楽しすぎる!iPad Proは思考のアウトプットに使える至高の逸品だ!

SPONSOR
記事を書いている中の人
イリテク株式会社/入江 慎吾
WEBサービスやアプリのデザイン・開発をやっているクリエイターです。クラウド見積請求:CLOUD PAPER、リモートワーク求人:Rework、買い物メモアプリ:Rememo。情熱のこもったプロダクトをどんどんつくりたいです。(もっと詳しいプロフィール
関連する記事
メールマガジンで新着記事をフォロー

 

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクで開発したプロダクト
SPONSOR
こちらの記事もおすすめです