容量無制限のAmazonプライムフォトとNASで最強写真管理

2017/06/25 (2017/06/29更新) タグ: , , , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、NASマスターの入江です。今日は先日購入したSynologyのNASで、写真の管理体制をととのえたのでご紹介していきます。NASがあると最強の写真管理ができますよ。

SPONSOR

写真や動画はすぐにデータが大きくなる

写真はデジカメで撮影していますが、JPGだけでなくRAWデータも保存してます。RAWとはJPGの前の素材みたいなもので、これがあると現像する時に好きなように編集可能になります。とっておいて損はないデータ。
参考)ホントにRAWは高画質なの?RAWとJPEGの違いとメリットデメリットをまとめてみた!

ただし、RAWはデータが大きく、ひとつのファイルで30MBくらいあります。JPGだと大きくても5MBくらいなので6倍近く。保存しておくHDDも相当大きな入れ物じゃないとすぐに容量が不足してしまいます。

だからこそ、大容量10.5TBのSynologyのNASが活躍します。

バックアップ用にSynologyのNAS 916+を買いました(16TB)!自宅サーバーのように使える!

SynologyNASでPhoto Stationをインストール

まず、パッケージセンターからPhoto Stationをインストールしておきます。そうするとNAS内にphotoというフォルダが作られ、ここにアップされた写真をPhoto Stationで見ることができるようになります。

DS photoアプリでスマホでも

写真DS photoというアプリを入れておけば、スマホでも写真をアップしたり、見たりすることができます。

つまり、とにかくNASに写真をアップしておけば、PCでもスマホでも見れるということ。家族みんなで写真を共有して楽しむことができますね

スマホで写真を撮影したら自動でNASにアップしてくれる機能もあります。すげぇ。
参考)iPhoneの写真をSynologyのNASに自動バックアップする方法

写真を自動でNASに保存

ぼくはeyefiというwifi機能付きのメモリーカードを使っています。これがあると、デジカメで撮影するだけで自動でパソコン内に写真をアップしてくれるという優れもの。

eyefi

デジカメで撮った写真を自動で同期できるeyefiがすごい!Macの写真アプリ連動方法も!

eyefiの写真保存先をNASにしておきます。RAWも指定のフォルダに保存。
Eyefiこれで、NAS内に家族で写真をアップして見れる環境ができあがりました。容量も気にすることなく、バンバン使えます!

大切な写真を安全に自動バックアップ

NASもraidで4つのドライブのうち1つが破損しても大丈夫な構成にしていますが、それでも壊れてしまう可能性はあります。

そこでAmazonプライムフォトの登場です。クラウドにもバックアップしておけば安全
プライムフォト

でも、容量は?費用は高いんじゃないの?と思うかもしれませんが、Amazonプライム会員(年間3,900円)ならなんと無料でプライムフォトが使えます

そしてプライムフォトがすごいのは写真の容量が無制限だということ。いくらアップしてもいいのです。しかも、RAWデータもOK。写真のバックアップ先としてはAmadzon Driveで決まりです。

CloudSyncアプリで自動アップロード

Amadzon Driveへの自動バックアップもSynologyNASならかんたんです。

まず、SynologyNASのパッケージセンターでCloudSyncをインストール。
Cloud syncAmazon Driveを選択。

Amazondrive save
ローカルパスはNAS内のphotoフォルダにして、ローカルからのアップのみ有効にします。完全にバックアップ先として利用。そうすると写真がNASに入ってきたら、自動でAmazonDriveにもバックアップをとってくれます。

これで、写真をどんどん気兼ねなく撮影して楽しめる環境が整いました。SynologyNAS最高。

この記事もおすすめ
記事を書いている中の人
入江慎吾
デザインも開発もやっているフリーのエンジニアです。目標はプロダクトだけで生きていくこと。そのために学んだこと、実践したことをブログで発信中。朝5時に起きて午前中だけ働いています。午後からは読書と勉強にあてて自己スキルをのばし、さらに生産性を高めたいと考えてます。(もっと詳しいプロフィール
この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メールマガジンで新着記事をフォロー

 

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクで開発したプロダクト
SPONSOR
こちらの記事もおすすめです