Skip to content →

ApplePay便利すぎて、財布いらなくなるぞ!

日本でもとうとうはじまったApplePay。早速、いつものクレジットカードでiDを使ってみました。

財布をださなくていい

これまでもコンビニやマクドナルドなどiDが使えるところは使ってました。現金よりも楽なのは間違いないんですが、今度からはiPhoneでチャリーンと支払えるようになれば、もっとかんたんです。ということで今日からApplePayが使えるようになったので、早速試してみました。ApplePayの使い方はこちらが詳しいので参考までにどうぞ。

iDを使うには、iPhoneをポケットから取り出して、ホームボタンをダブルタップ。すると、カードがでてくるので支払機にかぶせるだけ。財布をださなくていいんです。これは想像していたよりも感動しました。ところで、福岡ではsuicaは使えないので、はやくnimocaに対応して欲しいです。

ちなみに、僕は三井住友VISAカードにiD機能つけて使ってます。

idで購入iDで購入すると、このように履歴が残ります。

なるべく現金払いをしたくない

いまもそうなんですが、クレジットカード対応しているところは全てカード払いにしています。現金にすると、常にお金をある程度もっておかないといけません。なくなったら補充するのも面倒なものです。小銭はジャラジャラ重たいし。支払いももたつきます。

カード払いのメリットは、支払いがかんたんで、後から履歴がみやすいということ。マネーフォワードを使えば、細かく履歴がみれて家計簿いらずです。おまけにポイントも貯まります。リボ払いではなく、一括払いにしていれば何もデメリットはないはず。

いままでも財布を持ち歩かなくていいように、ケース型のiPhoneケースにクレジットカードを忍ばせて使おうかなんて考えていましたが、磁気の関係でiPhoneと近づけるとよくないらしいんですね。なので、どんどんApplePayに集約されていくとありがたいです。AppleWatchも2から対応しているみたいなので、こうなると、こちらも欲しくなります。

将来的には財布を持ち歩かなくていいようにしたいです。

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
Webサービスを作るのが大好きです。制作会社10年→フリーランス→受託をやめサービス開発に専念。プログラミングのメンターサービスMENTAは月間流通額約1,300万を突破🚀 YouTubeでは個人開発について語ってます / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

Published in 生産をあげるITツールの紹介