スキマ時間に動画でiOSアプリ開発を学べるudemyが素晴らしい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何か新しいことを学ぶ時、人に教えてもらうのが一番上達が早い方法です。本をみて学ぶのも方法ですが、つまづきやすいものです。それで、今日Udemy(ユーデミー)というシリコンバレー発祥のオンライン学習サービスを知りました。

どんなものかというと、各ジャンルの講師陣が動画でいろんなことを教えてくれるサービスです。動画をみながら、学ぶことができます。百聞は一見にしかず。上達するには、動画で実際に作っているところを見たほうが圧倒的に近道です。

僕は英語を学習していているんですが、リクルートのスタディサプリというオンライン学習サービスを使ってます。塾などで教えている講師陣の授業を動画でみることができ、本を読むよりも理解が早いことを体感しました。

英語学習に挫折した人でも大丈夫!スタディサプリで有名講師から英語を学ぶ!

ということで、実際にUdemyでUdemy/iOSアプリ開発コースを実際に購入して試してみましたので、どんなサービスなのかをご紹介いたします。

SPONSOR

コンテンツが豊富。iOSアプリ開発コースは40時間以上もある。

コースの数はかなり多く、現時点で40時間強ありました。オンラインならではですが、随時新しい講義が追加されていくのがいいですね。一度コースを購入しておけば、追加料金なしでアップデートの恩恵を受けることができます。
コース一覧

コンテンツが更新されていく

例えば、iOSアプリだと言語のアップデートも早く、情報がすぐに古くなっていきます。比較的、頻繁に新しいコードで更新が行われているようです。いまだとSwift3.0に対応していました。
コンテンツが増えていく
質問もできるようです。
質問もできる
動画で教えてくれるこれが実際の動画です。講師開発者の画面を共有しながら、音声つきで解説をききながら学べます。

SPONSOR

一つの動画が10分程度なので、隙間時間に学習できる

ほとんどの動画が10分未満なので、ちょっとしたスキマで学べます。通勤時間、バスの待ち時間、お昼ごはんを食べながら、寝る前に布団の中で…などなど、時間がなくて忙しい人でもこれなら学べそう。

iOS/Androidアプリに対応している

スマホアプリもあります。スキマ時間に学習するなら断然アプリが便利です。
app1
app2
app3
ちなみに、これはよく考えられてるなぁと思ったのが、アプリなら動画をダウンロードしておけるということ。ダウンロードしておけば、ネットがつながらない所でも学習できます。家のWi-Fiで先にダウンロードしておくなど、外でムダに通信量を使わないですみますね。

アプリ開発を自分で学びたい人にはうってつけのサービスだと思います。学校に通って学ぼうとすると数十万はかかりますし、本で学ぼうとしたけど挫折した人にもおすすめの学習法です。

Udemy/iOSアプリ開発コース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は約1ヶ月で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす