夏はざるそばが食べたくなる!長住の「生そば あずま」は3玉まで追加料金なしで食べられる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/13 (2018/02/09更新) カテゴリー:生産をあげるITツールの紹介 タグ: , ,

ざるそばとかつ丼をこよなく愛してます。だいたい、お蕎麦屋さんでミニざるそばとミニかつ丼を頼みます。ということで、今日は近くにある西長住の「生そば あずま」に行ってきました。

SPONSOR

3玉まで追加料金無し!無料!

のれんだいたい、福岡でうどん・蕎麦屋さんといえばソウルフード。だいたいお昼はどこも賑わっていて人が多いです。その中でも、あずまさんは、だいたい何時行っても並ぶことが多いお店です。それだけ美味しいってことですね。

ここは3玉まで追加料金なしでそばが食べられます。私は2玉が限界です…。

ところで、私もはじめて知ったんですが、生そばとかいて「きそば」と呼ぶそうです。

きそば【生蕎麦】 つなぎの小麦粉を混ぜずに、そば粉だけで作ったそば。 また、単にそばをいうこともある。 ◇江戸時代、そばの普及に伴い、小麦粉を混ぜて作ったそばに質の低下したものが増えると、高級店ではそば粉だけで打つ「生そば」を看板とした。
生蕎麦(キソバ)とは – コトバンク

生蕎麦の生には「純粋な、まじりけがない」という意味があって、本来は10割そば粉を使ったものをそう呼んだみたいですが、いま現代では全てのお店が生蕎麦=10割蕎麦というわけでもないみたい。

そんなうんちくはおいておいて、今日はかきあげ+ざるそばのセット。いつもはかつ丼なんですが、最近、カツカレー、とんかつと続いていたので、今日は遠慮してかき揚げにしました。
かきあげ+ざるそば
かきあげそばは食感が少し固めで食べごたえと風味があって美味しいです。つるつるっと食べられます。夏はやっぱり、冷たいざるそばが美味しい!かきあげもサクサクで、ぷりっぷりのエビが美味しい。

生そば あずま Data

所在地 福岡県福岡市南区西長住3丁目12−2
電話番号 092-561-5003
営業時間 11:00~22:00
定休日 年中無休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR
IRITECはITエンジニアが「コンテンツで集客・広告収入を得る」「お客様の話をきいて価値を提案できる」 「自分で考えたアプリで収益を上げる」など、エンジニアが生き残っていくための情報をお届けしているビジネスハックメディアです。

無料メールマガジンを購読すると特典があります!

COMMENT

コメントをどうぞ

RELATION

関連する記事

RECOMMEND

おすすめの記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす

PROFILE

イリテクのプロフィール

イリテクはWEBシステム・スマホアプリ開発を得意とする制作会社です!
入江 慎吾/イリテク株式会社 代表取締役
1982年生まれ。長崎県 五島列島出身。福岡のWeb制作会社で10年間、ディレクション、Webデザイン、システム開発に従事。 その後、趣味で始めたiPhoneアプリ開発をきっかけにフリーランスとして独立後、2014年にイリテク株式会社として法人化。(もっと詳しいプロフィール)
SPONSOR

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト