Skip to content →

プロジェクトの複数管理に便利なevernoteの使い方

複数のお客さまとビジネスをさせていただいてますが、数が増えてくるとどの案件で何をやっているか混乱しがちです。時間が空くと、作業に戻るのに時間がかかってはもったいないので、そうならないようにevernoteをちょっと工夫して使ってます。

ショートカットを使う

基本ですが、まずそれぞれノートを作ります。
evernote単純にこれだけだと、他のメモもまざって、目的のノートを探すのに時間がかかります。都度、検索するのも面倒。

そこで、ショートカットの出番です。よく使うノートだけをevernoteの左上にドラッグすると、ショートカットができあがります。さらに、これらはcommand+1,2,3で一発呼びだしができます。
shortcut

チェックボックスでタスク管理

task
とにかく、やることをチェックボックスを使って登録しておきます。途中のものは(途中)と入れてます。基本的に完了して報告済みのものはここから消していきますので、やることだけが残ります。日付の期限があるものは期限を入れたり、優先度順に並び替えておきます。

このようにしておくと、他の作業からこのノートに戻ってきた時に、次になにをやるかが明確なので進めやすいです。タスクはなるべく細かくしておくと、より具体的で取り組みやすいものになります。これを見るだけですぐに再開できるようにしておくことがポイントです。

もう少し規模が大きかったり、複数の人と進めたりする時にはBacklogが使いやすいですね。自分用にはevernoteで十分ですけれど。

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

Published in HACK 生産をあげるITツールの紹介