コンテンツへスキップ →

画面から使っている色を調べてコピーできるMacアプリ「ColorSnapper2」がいい感じ

画面から色をスポイドでとってカラーコードを取りたい時があります。いつもは、Photoshopなどの画像ソフトにスクリーンショットを貼り付けてコードをコピーしていましたが、もっとかんたんにできないかなと思い調べたら、やっぱり便利なMacアプリがありました。

ColorSnapper2

ColorSnapper2という有料アプリ(現在9.99ドル)ですが、お金を払ってでも買ったほうがいいアプリです。こいつをインストールしておけば、好きなタイミングでOption+Command+Cをおすと、虫眼鏡になりカラーをコピーできます。
カラーチョイス
こんな感じで拡大されるので色を選びやすい。色を選ぶと、どの形式でコピーするか選びます。
カラーコード
Webで使う場合はCSS Hex(#xxx)を選びます。そしてこの選択肢も豊富。便利なところでは、Swift用のUI Colorまで選べます。これまで変換が面倒だったことを考えると、とてもうれしいです。全アプリ開発者におすすめです。

ColorSnapper2

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK 生産をあげるITツールの紹介