コンテンツへスキップ →

LINEスタンプを作って販売する手順

LINEスタンプを販売するまでの流れを調べてみたら、すごくかんたんだったのでご紹介。

1.ラインスタンプの画像を作る

メイン画像

必要数フォーマットサイズ
1個PNGW240×H240px

メイン画像

スタンプ画像

必要数フォーマットサイズ
40個PNGW370×H320px

スタンプ画像

トークルームタブ画像

必要数フォーマットサイズ
1個PNGW96×H74px

トークルームタブ

2.テキストを準備

クリエーター名:50文字以内
スタンプタイトル:40文字以内
スタンプ説明文:160文字以内
コピーライト:50文字以内

3.LINE Creators Marketに登録して申請

LINE Creators Marketから申請。既にLINEを使っていれば同じIDで登録できます。
line
口座情報を登録したら、あとはスタンプ画像を申請するだけ。
submit
スタンプさえできてしまえば、申請まではかんたんにできるようです。

ガイドラインもチェック

スタンプのガイドライン
審査ガイドライン
イラストでないもの(写真や顔写真など)、ロゴのみ、単純なテキストのみのものは審査に通らない。一定のクオリティが求められる。

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: 生産をあげるITツールの紹介