Skip to content →

SHINGO IRIE Posts

プロダクト開発の定例ミーティングがおすすめな理由

いま、VoyageMENTAの開発を、入江開発室のメンバーに手伝ってもらっています。

開発にあたって定例ミーティングをやっているのですが、いいことばかりでした。

意味のないミーティングはやる必要がないですが、目的をもったミーティングには価値があります。

MENTAオープンから半年経ちました。次の打ち手を模索中…

毎月恒例のMENTAの結果報告です。(前回はこちら

もう半年経ちました。毎月報告してるけど、需要あるかなー…ちょっと書いてる方からすると、惰性になってきている気がしてます。こんなの知りたいとか、面白い、面白くないとか意見もらえるとはげみになります。

フルスタッククリエイターとしての道。

はじめに…僕は一流のデザイナーでもないし、一流のエンジニアでもないと思っています。でも、デザインもプログラミングも書けるモノづくりのクリエイターというジャンルではちょっとだけ自信があります。

この職になると、状況に応じてディレクションだけやったり、プログラマーとしてジョイントしたり、デザインだけ参加したり。活躍できるチャンスが広がります。

フリーランスエンジニアが受託からサービス開発へ移行するには?

僕がサービス開発だけに集中できたのは今年からです。

それまではフリーで受託をやりつつ、徐々に移行してきました。今日はフリーランスエンジニアがどうやってサービス開発だけをやるための時間をつくっていくかについて、僕の経験をもとに書いていきます。

trelloとslackを連携して、サービスのアイデアを蓄積する

trelloでサービスアイデア、バグなどをひとまとめに管理しています。スプレッドシートよりも、サクッと登録できるのがいいですね。スプレッドシートでは終わったものはグレー表示にしたり、削除したりしてたので、その整理がなくなりました。trelloは移動させるだけ。

でもチームメンバーとのやりとりはSlackでやっていて、アイデアはそういったやりとりの中から生まれるものです。その時にtrelloを開いて登録するより、slack上からサッと登録できると便利ですよね。調べたらやはり連携できました。