勝間和代さんのブログを読んで衝撃。こんな風に自然にコンテンツをだしていきたい。

2018/01/16 カテゴリー:学び タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代さんのブログを読んで衝撃を受けました。

なにが衝撃だったかというと
1)日常の中からコンテンツをつくっている
2)文字数が少ないのに、いいコンテンツ
3)息をするかのように毎日コンテンツをうみだしている
コンテンツボリュームは少ないのにひとつひとつが面白いのです。

SPONSOR

日常の中からコンテンツをつくっている

どんなものでもコンテンツにできるのだということを教えてもらいました。日常の中で気がついたことをサクッと公開できているのがすごい。僕なんかは見過ごしそうなことでも、気づいてメモして記事にしてシェアするという人間コンテンツっぷりをいかんなく発揮しています。

文字数が少ないのに、いいコンテンツ

記事の文字数は問題じゃありませんね。一記事がコンパクトでサクッと読める。まわりくどくなくて、読んでて気持ちがいいリズム。難しいことは書いていないし、まずタイトルで結論をすべて書いているのでわかりやすい。タイトルだけでほぼ内容がわかります。

アップルウオッチの文字盤は「Siri」が一番いいと思う。一番こちらが必要とする情報を適切に表示してくれます。
iPad Proのフリックが不自由な問題、解決するソフト「片手キーボードPro」を発見。うれしい。

SPONSOR

息をするかのように毎日コンテンツをうみだしている

ほぼ毎日更新していて、この感じだとネタに困ることはないのではないかと思われます。

勝間さんのように息をするように自然にコンテンツを生み出せて、しかもそれが需要があるということは素晴らしすぎる。記事もおもしろい。

ぼくもマネしてみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす