時間はもっとも貴重な貴重品「1440分の使い方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決して取り戻せないもの、それは時間です。こうして、記事を読みはじめていただいた数秒でさえも、もう二度と戻ってくる時間ではありません。

お金のために遅くまで働いている人が多いですが、いくらお金があっても老後遊べる資金ができたとしても、いま苦労することばかりでは人生の楽しみも半減です。

理想をいえば、今を楽しみながら稼ぎたいですよね。本書はそのヒントがふんだんに書かれている良書です。当ブログでもよくとりあげている、タイムマネジメントについての本ですが、線を引くところが多かったです。

本書は7人の億万長者、239人の起業家、13人のオリンピック選手、29人のオールAの学生に学ぶ生産性向上の日常習慣から、共通する習慣が15個紹介されています。

本書のタイトルは24時間×60分、一日の時間を分数にしたもの。筆者は1440と書かれた紙を印刷して貼り、時間の大切さを忘れないよう、意識するようにしているそうです。

「ノートは手書きでとる」「メールは一度しか触らない」「ノーと言う」「日々のテーマを決める」など具体的ノウハウから、「最重要課題の見極め方」「先延ばし癖を克服する極意」「桁外れの利益を得るための思考法」まで15の秘訣が、あなたの人生に輝きを取り戻してくれるだろう。
Amazon内容紹介より

SPONSOR


読んだ中で、参考になったところをご紹介します。

もっとも大事なことをやり遂げるために

Most Important Task、その日に一番取り組みたいことから着手すること。

たいていの人は、一日がはじまると真っ先に、すぐにできる簡単なことを全部やってしまおうとする。ひと晩分のメールにすべて返信し、郵便物の山を仕分け、注文書にサインして…そうこうしていると、すっかり生産的な気分になってしまう。「どうだ!まだ朝の11時なのに、50件は仕事を片付けたはずだぞ」と思ってしまうのだ。

いろんなことをやったけど、一日が終わって「あれ、なんにも進んでないかも…」ということになりかねません。

朝のゴールデンタイムには、ハードな仕事、必ずやるべき仕事から着手しましょう。かんたんな仕事は、脳が疲れてきた午後からでも十分。他人の仕事に時間をとられず、その日のMITから取り組みます。

15分単位でスケジュールを入れる

「スケジュール表を使って、15分単位で一日の予定を組みなさい。面倒に聞こえるかもしれないが、これをやれば効率性に関しては95パーセンタイルに位置することができる。スケジュール表にないものは片付かない。スケジュール表に入っていれば嫌でも片付く。約束だけでなく、運動、電話、メールなどの予定も、この方法で管理するのだ」 ジョーダン・ハービンジャー(アート・オブ・チャーム共同創業者)

15分単位で入れたことはなかったです。スケジュールにはバッファをもたせるため、最低でも30分からにしていましたが、僕の場合はもう少し詰めてスケジュールを組んでもいいかなと思いました。ちょっと余裕がありすぎても、集中できません。また、この方法であらゆるタスクをスケジュールに入れてしまえば、やり忘れややり残しが防げますね。

タイムブロッキングで予定をずらさない

予定を入れたら、ずらさないこと。

たとえば、4時から5時までは会社で重要な報告書を書くと決めた後に、「相談したいことができた」という理由で同僚から15分くれと頼まれたら、どうするだろうか。反射的に「いいよ」と答えながら、報告書は45分で仕上げようとか、予定を15分遅らせようとか考えてしまうのだ。

しかし、これが報告書の作成ではなく、病院や歯医者の予約だったとしたらどうだろう?その時間を同僚に譲って、15分遅れで診察室に現れるだろうか?そんなはずはないだろう。

これはよくわかります。自分の都合で調整がきくタスクは、このような罠にハマりがちです。たとえ、数分でも相談にのることで集中力はかっさらわれてしまいます。まず、自分の仕事を終わらせて、それで時間があれば相談にのる、という方がいいですね。

同じように勉強する時間、運動する時間も優先度を下げがちですが、これらもタイムブロッキングしてやりぬくようにしたいと思いました。ついつい、実務を優先しがちになるんです。

モチベーションが上がらないタスクとどう向き合うか

あまり気乗りがしないタスクはありませんか?僕はあります。そんなタスクを朝一番に入れていたとしたら、朝早くから起きて頑張ろう!という気持ちにはなりません。

朝になったら、「さぁ、自分のプロジェクトに取り組むぞ」と遺産でベッドから呼び出しているだろうか?もしそうでないなら、結局のところ、その程度の夢しか抱いていないということ。自分の夢から十分なモチベーションを得られていないのである。

モチベーションとは、つまるところ「いい思いをしたい」「嫌な思いをしたくない」という気持ちのことだ。そこで、いつも先延ばしにしがちな、きついタスクを片付けるために、そのタスクをやる意味について、次のような創造を交えながら考えてみよう。「これをやったら、どんないい思いをするだろうか?」「これをやらなかったら、どんな嫌な思いをするだろうか?」

そんなタスクほど、このタスクを実行することでどんな未来が待っているのか、なんのために必要なのかを考えて、モチベーションを高めてから取り組もうと思いました。これでもモチベーションが上がらない仕事はやるべきではないですね…。

このほかにも、さまざまな著名人のコメントを交えながら、実践的な内容が紹介されています。定期的に見直して、自分のタイムマネジメントに取り入れていきたいと思うアイディアの多い良書でした。

SPONSOR
記事を書いている中の人
イリテク株式会社/入江 慎吾
WEBサービスやアプリのデザイン・開発をやっているクリエイターです。クラウド見積請求:CLOUD PAPER、リモートワーク求人:Rework、買い物メモアプリ:Rememo。情熱のこもったプロダクトをどんどんつくりたいです。(もっと詳しいプロフィール
関連する記事
メールマガジンで新着記事をフォロー

 

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクで開発したプロダクト
SPONSOR
こちらの記事もおすすめです