Skip to content →

もっとSketchを使いこなすためのTips5つ

Sketchを普通に使っていると気づかないちょっとしたTipsを紹介します。元ネタはこちらのYoutube。

1.セルのボーダーをインナーシャドウでつくる

上のようなボーダーセルをつくるテクニックから。普通につくろうとすると、レクタングルとボーダーを使ってデザインするはずです。実はそれよりもかんたんなのがインナーシャドウを使ったテクニック。

インナーシャドウを使うことでシンプルにつくれます。サイズの変更もレクタングルを触るだけなので楽ですね。Yを大きくするとボーダーも太くなります。

2.ファイルサイズを小さくする

同じファイル内に複数のページをたくさんつくっていくと、あっという間にファイルサイズが大きくなっていきます。
そこで、Sketchに標準で入っている「Reduce File Size…」を使うと、画質を落とすことなくお手軽に圧縮できます。

3.画像で塗りつぶすことができる

Fillsのところは色だけでなく、画像を選ぶこともできます。ほかの画像ソフトでは、マスクをかけて切り抜いたりすることが多いです。Sketchなら、画像をドラッグするだけ。ちなみに、動画では紹介されてませんが下のようにfacesを選ぶとランダムで顔写真がはいります。モックアップでつくる時に重宝しますよ。

4.2点のパスの中心にアンカーポイントを追加する

パス編集モードにはいって、Shiftキーを押しっぱなしにすると中間点を選択できるようになります。

5.シンボルを入れ子にする

シンボルの中にシンボルをいれることができます。
動画でも紹介されているように、シンボルとしてまとめておくと類似のパターンを繰り返す処理がすぐにつくれます。プロパティでアイコンやテキストを変えたり、デザインを変えるのもかんたんになります。

以上、Sketchの意外と知られてないTipsを5つ紹介しました。

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SPONSER

Published in デザイン