コンテンツへスキップ →

もっとSketchを使いこなすためのTips5つ

Sketchを普通に使っていると気づかないちょっとしたTipsを紹介します。元ネタはこちらのYoutube。

1.セルのボーダーをインナーシャドウでつくる

上のようなボーダーセルをつくるテクニックから。普通につくろうとすると、レクタングルとボーダーを使ってデザインするはずです。実はそれよりもかんたんなのがインナーシャドウを使ったテクニック。

インナーシャドウを使うことでシンプルにつくれます。サイズの変更もレクタングルを触るだけなので楽ですね。Yを大きくするとボーダーも太くなります。

2.ファイルサイズを小さくする

同じファイル内に複数のページをたくさんつくっていくと、あっという間にファイルサイズが大きくなっていきます。
そこで、Sketchに標準で入っている「Reduce File Size…」を使うと、画質を落とすことなくお手軽に圧縮できます。

3.画像で塗りつぶすことができる

Fillsのところは色だけでなく、画像を選ぶこともできます。ほかの画像ソフトでは、マスクをかけて切り抜いたりすることが多いです。Sketchなら、画像をドラッグするだけ。ちなみに、動画では紹介されてませんが下のようにfacesを選ぶとランダムで顔写真がはいります。モックアップでつくる時に重宝しますよ。

4.2点のパスの中心にアンカーポイントを追加する

パス編集モードにはいって、Shiftキーを押しっぱなしにすると中間点を選択できるようになります。

5.シンボルを入れ子にする

シンボルの中にシンボルをいれることができます。
動画でも紹介されているように、シンボルとしてまとめておくと類似のパターンを繰り返す処理がすぐにつくれます。プロパティでアイコンやテキストを変えたり、デザインを変えるのもかんたんになります。

以上、Sketchの意外と知られてないTipsを5つ紹介しました。

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: デザイン