Skip to content →

持ち歩いて写真を撮りたくなるカメラ「GRⅢ」

リコーのGRという高級コンデジがあります。

スマホできれいな写真がとれるのに、必要?はい、必要です。「キレイに撮れる」ということと「気持ちよく撮れる」は別物で、いくらiPhoneがキレイに撮れるとしても、常用して毎日撮りたいわけではありません。実際、iPhone持ってるからといって毎日写真とってません。

でもGRは毎日持ち歩いて撮りたくなる。そんなカメラです。写すととっても気持ちがいい写真が撮れるんです。この辺は作例を見てもらえるのが早いです。


なんで、気持ちいいのかというと、まず「高画質」なこと。APS-Cというフルサイズのカメラに近い大きなセンサーを搭載してます。スマホと比べても格段に大きいため「高画質」な写真が撮れます。APS-Cでこれだけコンパクトなカメラはほかにないでしょう。

そのうえ、サイズが約257gと圧倒的に軽い。レンズも飛び出してないからポケットにスルッと入る。カメラにおいてコンパクト性はかなり大事で、大きいカメラは持ち歩かなくなります。

GRⅢはポケットに入れて持ち歩いてもいい感じ。だから、毎日バッグにいれてますし、写真を撮ろうって思います。そしていい写真が撮れるものだから、歩きながら被写体を探すという楽しみがあります。

場所や状況によってカメラの設定を変えるのも楽しいです。シャッタースピード、ISO、F値を変えたり。スマホではすべてオートなので物足りないですし、疑似ぼやけでは満足できません。

とはいえ、なんと説明したらいいかわからないですが、スペック、ではないのです。そういうのは抜きにしてシャッターを押して撮れた写真に味があって気持ちがいいのが撮れるのが最高だと思ってます。特にGRⅢのモノクロは評判がいいです。

高性能なコンデジはほかにもあります。なかでも僕も持っているSONYのRX100は最強です。ズームができる、液晶がバリアングルになってて自撮りも、ローアングルも取りやすい。ファインダーまでついてる。オートフォーカスも優秀でほとんどぶれないし、ピントもはずしません。だけど出来上がった写真を見ると優等生というか、無難な感じがするのです。

撮ってて楽しいのはGRⅢ。GRはスナップに特化したカメラで、軽くて高画質でポッケからだしてすぐに撮影できる。を満たした完璧なカメラだと思います。余計なものをあえてのせず削ぎ落としたからこそ。撮っていて気持ちがいい、撮りにいきたくなる、そんなカメラです。

買い替えせず、過去のGRシリーズを愛用したままの人もいるほどです。普通は最新のものがでたら買い替えますが、古いGRで満足しているということ。すでに完成されていて手に馴染むものだからこそ、それ以上を求めてないということです。

GRの開発チームの信条がサイトにのってて、惚れます。

スペック勝負はせず、毎回全力でプロダクトを送り出す。過不足がないカメラ。この潔さが気持ちよくて最高です。

僕も開発者として、こんなプロダクトをつくれたら・・・と思います。

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
Webサービスを作るのが大好きです。制作会社10年→フリーランス→受託をやめサービス開発に専念。プログラミングのメンターサービスMENTAは月間流通額約1,300万を突破🚀 YouTubeでは個人開発について語ってます / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

Published in コラム